いんきんたむし 下着
Amebaでブログを始めよう!
2011-04-18 12:55:31

いんきんたむしの治療

テーマ:いんきんたむし
いんきんたむしの原因は白癬菌です。これは水虫と同じカビの一種です。

水虫の足を触った手でうっかり股間を触ってしまうと、いんきんたむしを発症してしまう恐れがあります。

また、頭を掻いたりすると頭皮にも感染が広がり、湿疹ができ、毛が抜ける恐れがあります。

白癬菌はカビの一種ですので、湿った部位や蒸れた部位を好みます。

また、汗は白癬菌が好む栄養素が豊富に含まれていますので、汗をかいた際はすぐに拭き取り、患部を洗い流して清潔に保つように心がけてください。

蒸れない下着を着用するなど、患部の通気性を高めて乾燥させる事で白癬菌の増殖を抑える効果があります。

加齢とともに抵抗力は少しずつ衰えていきます。

また、若くても疲労やストレスが溜まっていると感染しやすくなります。

いんきんたむしは、汗による蒸れを防ぎ、乾燥させる事が何よりも大切です。

夏場は特に、蒸れない下着を着用するなど皮下の蒸れに十分注意しましょう。

いんきんたむしの症状に!皮膚接触を起こさない立体型の機能性ボクサーパンツ
2011-04-18 12:55:02

いんきんたむしの予防

テーマ:いんきんたむし
いんきんたむしは、思春期にスポーツをする男性に多く見られます。

しかし、最近ではパンストを長時間履いたり、ブーツを好む女性の感染も増えていると言われています。

いんきんたむしの予防は、股間を清潔に保ち、通気性を高め乾燥させる事が重要です。

毎日風呂に入り、スポーツの後は下着を着替えるなど、皮膚の汚れや汗を残さない事や、シューズやユニフォームも頻繁に洗うようにしましょう。

顔や体にできるたむしも、股部にできるいんきんたむしも、水虫と同じ白癬菌に感染する事で発症する皮膚病です。

人から人へ感染するだけでなく、犬や猫などのペットから人へ感染する事もあります。

いんきんたむしの症状に!皮膚接触を起こさない立体型の機能性ボクサーパンツ
2011-04-18 12:54:26

いんきんたむしの薬

テーマ:いんきんたむし
いんきんたむしの薬を付けてもヒリヒリするような時は、傷がある事が考えられます。

また汚れた手で患部を触ったり、薬を塗ると別のばい菌が入り込んでしまい、症状がさらに悪化してしまう事があります。

薬に含まれるステロイドはいんきんたむしの原因菌である白癬菌の好物ですので、すぐに再発してしまう恐れがあります。

一時的に治まっても、しばらくすると再び湿疹が輪状に広がっていくのは根絶できていない証拠です。

いんきんたむしの原因菌である白癬菌は、湿った部分や蒸れた部分を好みます。

汗を掻きやすい人や皮膚の弱い人は、通気性が高く蒸れない下着を着用するなど、患部を常に清潔に保ち、乾燥させる事が症状の改善に繋がります。

いんきんたむしの症状に!皮膚接触を起こさない立体型の機能性ボクサーパンツ
2011-04-18 12:54:06

いんきんたむしの対策

テーマ:いんきんたむし
いんきんたむしは水虫と同じカビの一種の白癬菌に感染する皮膚病です。

カビは高温多湿を好み、蒸れやすい夏場は特に活発に増殖しやすくいんきんたむしを発症しやすくなります。

特に夏場のプールやお風呂は、感染しやすいので十分注意しましょう。

これは男性だけでなく、菌が付着すると女性でも発症する事があります。

いんきんたむしになると、陰部、太もも、お尻などに赤い丘疹や水疱が現れます。

その後は患部が輪状になって広がっていきます。

痒みを伴う事が多いのですが、特に体温が高くなった時に強い痒みを覚えるようになります。

いんきんたむしは再発を繰り返しやすい皮膚病ですので、一度感染したら、徹底的に根絶する必要があります。

いんきんたむしの原因菌である白癬菌は、乾燥に弱い性質がありますので、汗で蒸れない下着を着用したり、通気性の高い衣類を着用するようにしましょう。

いんきんたむしの症状に!皮膚接触を起こさない立体型の機能性ボクサーパンツ
2011-04-18 12:53:27

いんきんたむしの根絶

テーマ:いんきんたむし
いんきんたむしは白癬菌という真菌(糸状のカビ)の一種が脚の付け根やその周辺の皮膚に感染する疾患の事です。

いんきんたむしの原因菌である白癬菌は、足に寄生する水虫と同じ真菌です。

そのため、カビと同様にジメジメした環境を好むため、熱がこもり蒸れやすい股間部は白癬菌の好環境と言えます。

最初は赤い湿疹が現れ、その症状が徐々に円形状に広がっていき、それとともに周辺部の皮が剥けてしまう事があります。

そして、体温が上がり患部が熱を持つと痒みがどんどん増していきます。

いんきんたむしは年齢的に若い思春期の男性に多く見られる疾患でしたが、最近では女性や高齢者にも増えてきています。

いんきんたむしの根絶は、白癬菌を死滅させる事が治療をおこなう上で最も重要なポイントと言えます。

症状が治まってからも、3~4ヶ月は股間を清潔に保ち、通気性を高めておくよう、継続して再発を防ぐ必要があります。

常日頃から通気性の良い下着を着用するようにしましょう。

いんきんたむしの症状に!皮膚接触を起こさない立体型の機能性ボクサーパンツ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス