喜元門@石岡

テーマ:

朝から神田で打合、それが終われば急行する霞ヶ浦方面。いつも思いますが、我ながらスケジュールの立て方がオカシイです笑。完全に午後のワークは始まっていますが、昼食を取らないと…ほら、チカラが出ないでしょう(ノ∀`)タハハ


さて、常磐道を千代田石岡ICで降り、事前に調べておいたお店へ車を走らせれば、暖簾が掛かっていてホッと安心。臨時休業が多いとの噂もありましたから、フラれたらどうしようかと思っていたので…杞憂に終わって良かったです(・∀・)ノ ヨ


イニシャルDのWHAT’S UP YO 麺!


13:20頃に店内へ、右手の券売機で注文を決め…ざ、雑然としてますなΣ(・ω・ノ)ノ オオ しかも不得意の多メニューと来たもんだ笑、きっとご近所さんには重宝がられているでしょう。えっと…えっと…なんつッてい、ぐるぐると頭を回していると、何やら券売機の上に蜘蛛の糸を発見!


イニシャルDのWHAT’S UP YO 麺!


煮干の命を助けたコトは無いが、煮干シスト的には「鰮」の文字にグッと来たのでソレをば(ノ∀`)ペシッ 厨房には4名、皆さん強面ですが接客は頗る素敵。待ち客はいませんが、常に満席な店内に期待が膨らみます。ジャン。


イニシャルDのWHAT’S UP YO 麺!


あわわ、何とも変わったカタチの丼ですね?外側が多角形なの…あ、横から撮れば良かったかも( ・Д・)ホウ なかなか見ないカタチで、何度も手触りを楽しんじゃいました笑。あ、タレが醤油と塩の2種類から選べるとのコトだったので、今回は前者で注文。


イニシャルDのWHAT’S UP YO 麺!

透明度が高くてスッキリと見えるスープは、鰮煮干の風味や旨味と言った要素が強烈なまでに感じられます( ゚Д゚)ンマイ ただし雑味は微塵も存在せず、グッドな部分だけが巧みに抽出された印象。上品な口当たりですが、動物系の支えが厚みを演出するコトで薄っぺらさは皆無。


醤油ダレの甘味、後味に残る微弱な酸味は煮干由来?まー何れにしても大好物なバランス、味わいです(・∀・)ノ ヨ


イニシャルDのWHAT’S UP YO 麺!


中太い角張ったストレート形状、ザクザクッとした歯触りが楽しく美味しいですな(ノ∀`)イイコレ 小上がりの奥に製麺機が鎮座ドープネス、看板に偽りナシの自家製麺はパないですね!


イニシャルDのWHAT’S UP YO 麺!

あ、そうそう!叉焼もバラ、炭火焼き、直火焼き(…確か)の3種類から選べます(・∀・)ノ ヨ 今回はバラで注文。その風体は炙られており、味はしっかりとついたホロホロ具合。その他には海苔、白ネギ、小ネギが乗りますが、白ネギに油でも掛けてんのかしら?独特な風味がしたような…してないような笑。


それにしても最後までアッツアツ汗、気をつけないと…(-”-;)アチッ 気を配ったつもりが、しっかり火傷のお土産をいただき汁完。自分が悪いダケでッす笑。


えっと、場所的にはアクセスしにくいコチラですが、引っ切り無しに次から次へとお客さん。うん、その理由も深く頷ける高レベルな味は、遠い僻地であるコトを軽く忘れさせますね(*ノ∀ノ)キャッ 接客もさるコトながら、オーダー毎に小鍋で都度作られる丁寧さは好感が持てまッす。あ、ちなみにコノ「鰮煮干」は新商品とありますケド、お聞きしたところ現在は常設メニューとのコト。よし、また仕事でも作って再訪しやッす(ノ∀`)ペシッ

今日も幸せ日々笑進!


イニシャルDのWHAT’S UP YO 麺!

お店:喜元門@石岡

住所:茨城県小美玉市栗又四ヶ2455-19

営業時間:12:00-14:00頃 18:30-20:30頃(昼夜共に材料切れ終了)

定休日:火曜日、不定休

注文:鰮煮干(醤油、バラ叉焼)(\730)