Passion is Career ! スポキャリ

Passion is Career ! スポキャリ

スポキャリ編集部のブログ

いつもお読みくださりありがとうございます。

 

12月7日(土)は

羽生選手の最大のチャレンジに

世界中のフィギュアスケート・ファンが沸きました。

 

羽生選手が体力ギリギリまで挑戦した、

羽生ファンの皆さんも初めてみるチャレンジ。

冒頭から後半まで、難易度の高いジャンプ連続の

大変高度な構成へのチャレンジでした。

 

惜しくも銀メダルでしたが、

最後は体力が尽きるまで

自分の限界に挑んだ彼の勇気に、皆、感動だったと思います。

 

(K  M さんYouTubeより)

 

ご存じの通り、フィギュアスケートでは

前半ショートプログラム、

後半フリープログラムで

技術点・構成点・減点の合計でより高い得点を競いあいます。

技術点では、

スローで録画で点数をつける技術審判と

技や表現力を評価する演技審判があります。

 

今回のグランプリファイナル決戦で

羽生選手が1位のネイサン選手と10点以上の差を逆転するには、

驚異的な構成&超人並の技ありジャンプ

または技術力が高いジャンプを組み合わせる、

特に後半に連続の構成にする必要がありました。

 

加えて、羽生選手の前に演技した

ケビン・エイモズ選手(フランス)が自己最高得点をだし

3位内に入賞を確定させたこともあり、

1度のミスや転倒が

羽生選手の致命傷になるプレッシャーもあった中、

逆転に向け、攻めのチャレンジに懸けた彼。

体力が尽きる限界まで挑んだ彼は

すがすがしい!素晴らしい!  でした。

 

スポーツではなくても、

こう生きたい、と思わせてくれましたね。

 

「生きること」

「チャレンジすること」

「あきらめないこと」

 

昨日のブログにひとり1人の命の大切さを伝えましたが

自分が生きる命の時間は、

自分に使い方の自由があるからこそ

大切に使ってほしいと願っています。

 

スポーツの感動は、そんな人間の持つ

けなげで、一生懸命な情熱が実るという、

希望と勇気を与えてくれますね♪

 

 

■「チャレンジ!」スポキャリ

  https://sports-career.jp/

 

▼登録はこちら♪

 https://sports-career.jp/?act=register

 

 

 

 

 

 

いつもお読みくださりありがとうございます!

 

さて、

タイトルから耳が痛いぜ!

そんなつぶやきも聞こえそうですが・・・

 

 

12月は

「職場のハラスメント撲滅月間」

です。

 

ハラスメント問題は悩ましいことです。

注意を受ける方も

訴える方も、

だーれもそんなことは本来は望んでないくらい

不幸な状況・環境・関係です。

 

どうして、厚生労働省が「ハラスメント撲滅月間」を

掲げるほど注意をうながすのか?

 

 

いろんな理由がありますが、

その1つは「自殺者」人口です。

少し暗い・つらい話になりすみません。

 

しかし、労働環境のいびつな現状は

「命を自ら絶つ死」

という形で、その過酷さ・異常さを物語ります。

ハラスメント、という言葉では表せないほどです。

 

2018年の自殺人口は、約2万人。

そのうち、約1万4千人が男性で

働き盛りで最も仕事が楽しいといわれる

50代の男性が多いのです。

その次は、また働き世代の40代の男性です。

 

そして、

残念ながら働き盛りの女性も多くいます。

 

 

ハラスメント防止をよびかけ、

国をあげて注意をうながすことで

少しずつ減少方向にありますが、

残念ながら

今度は未成年の自殺人口が増加しています。

 

19歳以下の未成年の自殺理由は、

「学校のいじめ」。

 

いじめも多様化して、インターネットやSNSいじめなど

早期発見ができない現状もありますが、

子ども・青少年の現象は

「大人社会の縮図」

といえると思います。

 

 

スポキャリ編集部のブログでは、

 

「スポーツの感動」

「スポーツで実現した多様性の統一」

「個の相乗効果」

「女性の活躍」

「負けてもあきらめないすばらしさ」

 

などを伝えていますが、

スポーツマンシップである

 

"健全な身体に健全な精神が宿る"

 

の原点を大切に

死まで追い詰めるハラスメント問題が

スポーツのすばらしさを通して

少なることを願ってます。

 

すでにラグビーの日本代表がスポーツでみせてくれた

「多様性の中の統一」の実現があります。

 

 

トレハクラブでは

「1つでも多くの命を」

救うこと、育むことを大切に

事業を運営しています。

 

 

命さえ絶ちたいほど苦しむとき、

どこにも言えないほど追い詰められないでほしいと

毎日ブログを更新することが

そんなときの一助になれれば幸いです。

 

 

 

●勤務先で自殺したある方

      のご両親の手記の一部を抜粋●

 

「~(中略)

これからいろんなことをしたかっただろう、

かなえたかった夢や希望もあっただろう、

好きな人と結婚し、子どもも生みたかっただろう、

そう思うと

大切に育てた娘の命が志半ばで

職場で失われたことが無念で

くやしくて、悲しくて、眠れない。

 

(中略)

 

関係者は何食わぬ顔で、たばこを吸い、笑っている。

 

(中略)

 

 

 

お詫びの言葉などいらない。

娘を、娘の時間を、私たちの幸せを返してほしい。

自分の子どもなら、だれも黙っていられない。(以下略)」

 

 

 

 

■「未来の懸け橋」スポキャリ

  https://sports-career.jp/

 

▼登録はこちら♪

 https://sports-career.jp/?act=register

 

 

 

 

 

 

 

いつもお読みくださりありがとうございます♪

 

昨日のブログでは、

海の中のクリスマスイベントを紹介しましたが

今日は同じ水でも、氷の上のスポーツ。

 

さあ、今日はヒーローの1人、

羽生選手のフィギュアグランプリ・ファイナル決戦の日。

 

前半のショートプログラムでは

本番に強い羽生選手が珍しく、

4回転からの連続ジャンプに失敗のため

2位。

フリーでの大逆転を期待していますが・・・

 

(NHKより)

芸術的で華麗な演技の世界ですが

ご存じのとおり、フィギュアスケートは

大変な運動量と技術が必要な分野です。

 

冒頭の4回転ジャンプで高得点をつけましたが

後半のジャンプ失敗が2位の理由です。

一瞬の乱れがその後の演技や構成に響き、

メンタル的にも影響があるので

短い時間での切り替え力や集中力が必要と言われてます。

 

フリーで逆転を目指す羽生選手の言葉。

「調子次第だが、

(逆転可の後半4回転は)入れたいとは思う。

自分が何をできるかしっかり考えないといけない。

フリーに向けて1分1秒をしっかり過ごしたい」

 

(NHKより)

 

さて、観るのが大好きなフィギュアスケートだから

お仕事でアイススケート関係のお仕事があったらな~という、

 

今日は、そんな方にお勧めの

楽しいアミューズメント施設をご紹介します。

 

 

◇◆ニンジャ☆パーク古河店◆◇(茨城県)

  アイススケートリンク登場!

めちゃくちゃ楽しい

スポーツアミューズメント施設の「ニンジャ☆パーク」に、

アイススケートリンク

が新たに設置されました!

 

もともとニンジャ☆パーク古河店では、

 ○トランポリン

 ○パルクール

 ○ボルダリング

 

を子どもから大人まで楽しめる

人気の施設です♪

 

初級者から上級者まで、

さらに親子三世代で楽しめる

充実のアクティビティが大人気!

 

レッスンスクールも兼ね備えているので、

遊びながら学んで、いつのまにか上達できるのです♪

 

楽しみながら上達するレッスンスクールは、

 ○体操(スクール)

 ○空手(スクール)

 ○サッカー(スクール)

 

などなど。

 

 

とっても楽しいスポーツアミューズメントパーク施設では、

企画や運営、スタッフの募集もあり、

将来的に運営責任者を目指せるキャリアパスもあります。

 

「楽しい」を一緒に創れる仕事、

自分もステップアップできる環境だから

世代を超えて愛される・楽しい施設♪

 

身近にあったら、最高にうれしいですね。

 

 

ニンジャ☆パークでは、

他にもたくさんの「楽しみ」があるので

ぜひスポキャリをのぞいてみてください♪

 

 

 

 

■「楽しいを仕事にできる♪」スポキャリ

  https://sports-career.jp/

 

▼登録はこちら♪

 https://sports-career.jp/?act=register

 

 

 

いつもお読みくださりありがとうございます。

 

先日から、流行語大賞「ONE TEAM」から、

多様性を活かした相乗効果の醍醐味 &

スポーツの可能性をお伝えしてますが・・・

 

目で見える身近な多様性といえば、

海の生物!

感動する美しい海の世界があります。

 

海の生物の多様な世界を維持することは

おいしい食事の豊かさだけでなく、

気候の調整や

水質の浄化、

私たちの余暇や楽しみ、

マリーンスポーツや仕事など

人間の営みにとても大切です♡

 

 

 

プラスチックごみやビニールごみで

海洋汚染が進む中、温暖化も進み

日本でも予想不可能な

台風や豪雨の被害につながるため、

 

環境省でも

まずは海の生物多様性の重要性を知ること、

そして生物多様性そのものを価値あるものと考えること、

が大切と伝えています。

 

海洋汚染や環境問題の解決が

同時に、多様な人間社会の発展や

良い人間関係創りのヒントになるといいな、と思います。

 

(環境省 海との付き合い方より)

 

自然の豊かさをふれながら

大好きな海の世界・海洋の多様な生物に囲まれて

仕事をしたい方に、

本日はマリーンスポーツ・正社員の

お仕事紹介です!

(寒い季節でも人気のマリンスポーツです♪)

 

多様性の美しさを体感できる

マリンスポーツが大好きな方の活躍の場を紹介していきますね♪

 

 

 

◇◆AQCIA divehouse アクシアダイブハウス◆◇

☆神秘的な海の世界を伝えるお仕事☆

~ダイビング自体が未経験の方でも挑戦できます~
ダイビングを楽しみたいというたくさんの方の希望を叶える、
ダイビングショップスタッフの仕事です。
 
お仕事内容は、
 
 ○ライセンス取得や器材の提案、
 ○ツアーの企画
 ○海でのダイビング指導
 ○企画立案
 ○スクール、ツアーへの同行
 
 など、お客様をサポートするお仕事です。
 
未経験の方はライセンスの取得が必要なので、
アクシアダイブハウスのレッスンを当社のレッスンで取得可能。
学科、プールや海での実習、器材の扱いなどを、
お客様と同じ課程で学び取得できます。

ダイビング以外でも、
クルージングパーティ、クリスマスパーティなどのイベントを自分自身のアイデアでお客様が楽しめるように企画し、お客様と一緒に楽しむことができるお仕事。
 
海の美しさを体感しながら、
お客様の「楽しさ」や「感動」を企画し
〝一生の思い出″を創るやりがいのあるお仕事です♪
 
(海の中のクリスマス♪)
 

ほかにも

たくさんマリンスポーツのお仕事ありますが、

本日の紹介はここまでにさせていただきます。

 

 


■「好きを仕事にできる♪」スポキャリ

  https://sports-career.jp/

 

▼登録はこちら♪

 https://sports-career.jp/?act=register

 

 

 
 
 
 
 
 

 

いつもお読みくださりありがとうございます!

流行語大賞「ONE TEAM」
で賞賛された〝多様性の中の統一"でふれた、

 

それぞれの個性が発揮される相乗効果

 

とは、どういうこと?


と思われた方もいらっしゃったかもしれません。
一番わかりやすい例は、


職場やチームの男性と女性の関係

 

だと思います。
違いがあるけれど、

それぞれの良さを活かしあって
相乗効果をあげる事でうまくいく場合がとても多い

ですよね♪

 

得意分野やスキルを活かしあいながら

仕事上で

お互いのファン

になれれば、最高の信頼関係を築けますね。

当然、相乗効果は大きいです!

 

 

女性の視点を活かして

どんどんマーケティングしたり、

製品開発やアイデアをビジネスにして

大成功している企業・スクール・クラブはたくさん!

 

 

男性社会の〝はたらく社会"の中でも

これからも発展していく

今と未来のために、

女性のチカラ

とっても、大切です♪


今週は澤穂希さんを紹介しましたので、
そんな相乗効果が期待できる
女性歓迎♪のサッカーのお仕事(正社員)

をご紹介します



◇◆レイサッカークラブ【岡山県】◆◇



サッカースタッフのお仕事

(正社員の募集です♪) 


平日の「サッカー本科コース」幼児~小学生と
平日、土日などの「サッカー選手コース」小学生

の指導のお仕事です♪

本科コースでは、クラス毎に分かれて指導で

サッカーの基本スキルを学び、
ショートゲームなどで楽しくクラスを実施されています。

選手コースでは、

体力づくりから基本トレーニング、

戦術トレーニングなど各種試合にも参加。


県外遠征や合宿など強化に向けた取り組みにも

力を入れている、指導のやりがいがあるお仕事です。

 

▼レイサッカークラブのHPはこちら

 http://ray-sports.jp/kids_culture/soccer.html

 

 

 

ポルターラ水戸サッカークラブ【茨城県】◇


 

ポルターラ水戸サッカークラブコーチのお仕事

(正社員の募集です♪)

好きなスポーツ・サッカーを仕事に!

子供・サッカーに真剣に向き合いたい方、必見です♪


仕事内容は、

 ○サッカー指導

 ○クラブ運営に関わる事務作業

 ○フットサル施設運営

など。

サッカーの指導を通して

子供の成長をみられるのはもちろん、

クラブを作っていく楽しみを体感できます。

 ◆幼児・小学生・中学生の指導ですが、

  その中で合うクラスをメイン指導に指導できます♪

ポルターラ水戸サッカークラブのHPはこちら

 http://www.portalamsc.com

 

 

 

◇◆ドリ塾 

~とことん個だわるサッカースクール~◆◇


ゼッタイウマクスル!

ドリ塾スクールマスターのお仕事

(正社員の募集です♪)

選手個人の上達・成長にこだわり

サッカードリブル技術を教えたい人・学びたい方、必見です!
通う子ども達の将来に繋がる

『育つ畑』

としての環境づくりを常に意識しています。

<育つ畑・ドリブルトレーニング>
 1.技 (自由自在にボールを扱う)
 2.心 (主体的な取り組み)(継続力)(ひたむきさ)
 3.頭 (集中する)(考える)(調整する)
 4.体 (スピード・スタミナ・ボディーバランス)


「ドリブルで心と頭?」とお思いかもしれませんが、
心と頭で作る「意志」 が「劇的な上達」へ続く扉の鍵です。


ドリ塾では技術の〝つめこみ"ではなく、

育つべき個の「志」に語りかけて成果を出すという、

とことん「個」にこだわった指導

を展開しています!


「今の自分」から

「なりたい自分」に向かって

努力、成長する環境が

『ドリ塾』です。


▼ドリ塾ホームページはこちら
http://www.jsc-chiba.com/dorijuku/profile/index.html




◇◆FAVERZE千葉サッカークラブ◆◇



サッカーコーチのお仕事

(正社員の募集です♪) 
チャレンジからの学びを楽しめるサッカーコーチとして活躍できます!


FAVERZE千葉サッカークラブは

千葉県千葉市若葉区にあるフットサルコート

を拠点としたサッカークラブです。


「トータルフットボールで千葉から世界へ!」
が合言葉!

 

サッカーでの向上を図りながらも
一人の人間として選手たちが成長できるような

クラブ作りが展開されています♪

お仕事内容は、

 ○スクール(幼児クラスから小学6年生)
 ○選手コース(小学生チームと中学生チーム)
 ○フットサルコートの運営
 ○イベント・企画運営
など

社会人チーム、高校生チームや女子チームの設立など

多世代型の育成クラブとして活動中!
イメージとしては、ヨーロッパに多くあるような

多世代型地域クラブとなることがクラブの目標♪

 

FAVERZE千葉サッカークラブのHPはこちら

 http://faverze.jp

 

 

 

 


もしも今、あなたが

「嫌い」な時間が多すぎるなら

「好き」から

笑顔になれる未来、時間を創っていくことも自由です。

 

▼「好き」を探す登録はこちら♪

 https://sports-career.jp/?act=register

 

 

ほかにも

たくさん女性が活躍できるサッカーのお仕事ありますが、

本日の紹介はここまでにさせていただきます。

 

1つ1つの

素敵なスクールや企業の詳細紹介は、また後日!

 

まずは、スポーツの可能性が広がる

スポーツ人財の活躍の場を紹介していきますね♪

 

 

 

■「好きなスポーツのお仕事が選べる♪」スポキャリ

  https://sports-career.jp/

 

いつもお読みくださりありがとうございます!

 

さて、2019年の流行語大賞は

 

 

「ONE TEAM (ワンチーム)」

 

ご存じの通り、ラグビー日本代表チームのコンセプト!

「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」

の公式キャッチフレーズで始まり、

2019日本大会は、日本代表チームは

日本ラグビー史上初の決勝トーナメント進出を決めましたね♪

 

(NHKより)

 

7カ国15人の海外出身選手の活躍を背景に、

 

『多様性の中の統一』

 

先駆けてスポーツの世界で実現したことへの賞賛として、

流行語大賞です!

 

 

~多様性の中で"ONE TEAM"を実現したスポーツはすごい!~

 

これまで日本は島国ということもあり

たとえば、

 

 日本人以外は「異質な存在」

 日本が慣れている単一の価値観以外は、「異質な価値観」

 

とされ、単一の価値観が中心で社会が構成されてきました。

 

戦いの時代は

支配者の単独の考えを浸透させることで統一していたので、
多様性を「異質なもの」として排除する方が

人をまとめられた、国を統治できて

うまく社会が機能した時代もあったかもしれません。

 

島国の日本では、

そうした環境が長かったので

多様性を受け入れることが苦手、

または今までどう対処していいかわからない環境だったんですね。

 

 

自分とは異なる他人を受け入れ、

自分とは違う考えや

価値観、別のタイプの思考を取り入れ・融合させながら

その個性の良さを発揮しあうこと。

 

自分の価値観や考えを押し付けがちですが、

それぞれの良さを融合できれば

人間が持つ無限の力を融合でき、

1人ではできないことでも実現できます。

 

 

その個性の素晴らしさを

相乗効果で発揮しあうこと

ダイバーシティや多様性理解の醍醐味です♪

 

理屈を超える理解だからこそ、

スポーツが先取りして(ラグビー日本代表チーム)

いち早く実現しました♪

 

 

スポーツの感動は

頭脳戦の理屈や

感情のわだかまりを超えた、

リアルタイムな

「不可能と思われていることを可能にする」

勇気や希望、人の無限の可能性

伝えてくれますよね。

 

■簡単なラグビーのルール

 

ラグビーは1チーム15名、合計30名で試合が行われます。

 ・前半40分

 ・後半40分

 (その間のハーフタイプは15分以下です)

ラグビーはいろいろルールがあり、たとえば

 

○ボールを前に落としたり・前に投げるとNG

○必ず立ってプレイすること

○危険なプレイはNG

○ボールより前に出てプレイするのはNG

 

などがあります。
 

よく「トライ!」といわれる得点は

相手のゴール領域内に
ボールを接地(グラウンディング)させると、

トライ(5点)になります。

 

そのトライ後に与えられるキックによる追加得点のチャンスが

「コンバージョンゴール」で、これが決まると2点。

トライとその後のコンバージョンを決めると
「計7点」獲得することができます。

他にも得点ルールがあり、

 ○ペナルティゴール(3点)

 ○認定(ペナルティ)トライ(7点)

 ○ドロップゴール(3点)
 

などがあります。

15人いるのでポジションもそれぞれあります。

ポジションについては、

わかりやすくまとめてるJ Sportsをどうぞ!

 

▼ラグビーポジション

https://www.jsports.co.jp/rugby/about/guide_position/

 

 

 

 

■「スポーツの可能性を」スポキャリ

  https://sports-career.jp/

いつもお読みくださりありがとうございます!

 

昨日のブログ

女性が活躍する今のすばらしさをお伝えしましたが、

スポーツで活躍してきた女性といえば・・・

 

忘れられない女王!

澤穂希さん!!

サッカー好きな人も、サッカーをあまり知らない方でも

澤穂希さんをご存知ない方は少ないでしょう。

 

そんなみんなが大好きな澤穂希さんの魅力♪

 

 

女子サッカーの日本代表として

85試合に出場して83得点!

オリンピックは4回、ワールドカップ(W杯)は6回出場しました。

 

ご存知の通り

2011年ドイツワールドカップでは女子サッカー優勝

そしてMVP選手に選ばれ、

さらに2011年「FIFA最優秀選手賞」も受賞し

世界で押しも押されぬ女子サッカーの第一人者として

注目を得ました。

 

ロンドンオリンピックでは惜しくも銀メダルでしたが、

彼女のまぶしい活躍は

日本の女性、日本のスポーツ人財に勇気を与えてくれました!

 

今ではお母さんの澤穂希さん♡

 

澤穂希さんが現役時代に言葉にしていたメッセージは

素敵な言葉がたくさんでしたが、

飾らないシンプルな表現が

なお、共感と感動を呼びました。

 

 

夢を実現するために、努力を惜しまなかった彼女。

 

「泣いてもいい、だけど、夢から逃げない」

 

輝かしい栄光の影に

涙を流す瞬間があったこと、

逃げたいくらいのプレッシャーと戦っていたこと、

 

だけど

そこに勝利した彼女ならではの

優しい、心強いメッセージですね♪

 

 

 

■「笑顔になれる」スポキャリ

  https://sports-career.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日更新!

いつもお読みくださりありがとうございます!

 

スポキャリだから、

いろんなジャンルのスポーツを

ブログにのせてほしい!

そんなリクエストにもお応えし、

たくさんのジャンルのスポーツ情報も更新していきます♪

 

2019/12/1 リコーカップ・鈴木愛さん(GDOより)

 

さて、昨日は女王たちのプライド決戦、

リコーカップ(ゴルフ)でしたね。

 

賞金ランキングトップで最終戦を迎え、

有終の美を飾ったのは鈴木愛選手!

「68」でプレーし、2年ぶり2度目の賞金女王に輝きました。

 

先週スマイルヒロインで紹介した渋野日向子選手は

「70」として通算7アンダーの2位。

 

ゴルフのルールは先週のブログをどうぞ!

 

2019/12/1 リコーカップ・上位3人ウィニングショット(GDOより)

 

~女性が活躍できる、今♪~

 

前のブログ

何度もチャレンジできる安全な日本の環境をお伝えしましたが、

世界の中には女性に生まれただけで、

誕生を歓迎されなかったり

やりたいことどころか、

人としての扱いも受けられない国もあります。

 

スポーツの世界でも、

男性の部はあっても女性の部がない歴史は

長くありました。

 

今は、ほとんどのスポーツのジャンルで

女性の部があり、女性が大活躍していますね!

 

女性の肉体的なエネルギーとの調整は大変ですが

チャレンジするのは、

時間と同じ平等の権利です!

 

そのチャンスがある環境は

最高に幸せなのです♪

 

女性を笑顔にできる環境、

仕事だったら「職場」は

最高ですね♡

 

 

■「笑顔になれる」スポキャリ

  https://sports-career.jp/

 

 

 

 

毎日更新!

いつもお読みくださりありがとうございます!

 

おかげ様で

公式ハッシュタグランキングで

ランクインした記事がたくさんでました♪

ありがとうございます♡

 

そんなわけで、

今日はまず、ブログ記事ランキング♪

トップ3はすべてサッカーの記事でした。

 

 

▼11月のスポキャリブログランキングはこちら!

 

■アクセス数 1位

■いいね!数 2位

 

  「好き」と「楽しい」から始まる人間力

 

■いいね!数 1位

■アクセス数 2位

■公式ハッシュタグランキング 3位 (11/28付)

 

  志が育てる未来♪

 

■アクセス数 3位

■いいね!数 3位

■公式ハッシュタグランキング 3位 (11/27付)

 

 チャレンジ、それは言葉にできない命の輝き

 

さて、昨日のサッカー特集の記事での回答です。

 

 

「成功は偶然の出来事ではない。

勤勉、忍耐、練習、研究、謙虚、

そして何よりも、愛情が必要なんだ。」


この言葉は、サッカーの王様とも神様ともいわれている

ペレさん(ブラジル)の言葉。

(本名は「エジソン・アランテス・ド・ナシメント」)

 

実働22年間で

通算1363試合出場、1281得点を達成!

彼の背番号が「10」だったので、

それが、エースナンバーになりました。

 

まだまだ、サッカーがどんなスポーツか知られていない頃、

1974年に静岡県清水市、東京都、広島市で

「サッカー教室」
を開催しました。

国境を越えてサッカーの楽しみを伝えてくれたので、

今の環境があるんですね。

 

最初に始める人、立ち上げる時には

愛と情熱がなければ続きません。

 

自分が続けられなければ、

後の人が続けられるはずがないのです。

 

彼の活躍はDVDにも出ているので、

サッカーの神様キラキラに興味がある人は観てみてください♪

 

 

 

「自分の主体性がぶれなければ

何が起ころうと関係ない」

 

これは、長谷部誠選手(アイントラハト・フランクフルト)の言葉です。

2018年ロシアワールドカップを最後に

日本代表を引退しましたが、

今でもDFとして

UEFAヨーロッパリーグで4強入りしたアイントラハト・フランクフルトで活躍中。

また、日本代表時はキャプテンだった事でも知られてます。

 

DFとは、ディフェンダーのポジションのこと。

主にフォワード選手をマークし、

得点につながる相手の攻撃を阻み

ゴールを守る役割を担うポジションです。

当然、阻める力量が求められます。

 

攻撃も、守りがしっかりしているから

安心して攻める事ができますよね。

 

 

いろんなチャレンジ、

それぞれの人間関係の中で

最も守らなければならないのは、自分自身。

 

世界中が罵倒しても、他人がヤジをとばしても

自分自身が最大の自分の味方だから、

気にしなくてよいのです。

 

自分で自分を守り、強く信じられれば、

前に進む勇気と情熱がみなぎります!

 

■「自分を信じよう!」スポキャリ

 https://sports-career.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日更新!

いつもお読み頂きありがとうございます。

 

さて、昨日の番外編から戻って

再びサッカー特集♪

 

このメッセージ、

どのサッカー選手の言葉か知ってる人はいますか?

 

「成功は偶然の出来事ではない。

勤勉、忍耐、練習、研究、謙虚、

そして何よりも、愛情が必要なんだ。」

 

 

回答は明日♪

 

 

恋人や家族以外の、

チームメイトや職場の人間関係への愛情って

なんでしょうか?

 

~他人の不幸は蜜の味って、どうして?~

 

これは、

「自分のほうが上!幸せ!優秀!すごい!」

 

と、不満な今の自分を少しでも満足したい心理で、

「他人の不幸は蜜の味」

は、誰にでも起こる現象なんです。

 

ただ残念ながら、この世には

他人の不幸を大喜びして

あざ笑う・ばかにする・ヤジを飛ばす、

あからさまな人もいます。

 

新しい職場や転職先で出会ったら・・・?

 

気にする必要はありません。

 

過去のことでも

今のことでも、未来の可能性についてでも

人の不幸を喜ぶ人は、

 

「自分って、これっくらいしないと不幸なんです!

傷ついてる人・悲しんでる人・苦しんでる人を

笑わないと、自分に満足できないんです」

 

と公言しているような人です。

 

自分に満足している人は

愛情で手を差し伸べることはあっても、

傷ついたり苦しんでる人を

それ以上、痛めつけようとしません。

 

ましてや、弱ってる人の

鼻を明かそうなどとは思いません。

 

 

スポーツ選手はメンタルが強いといわれていますが、

強いというより、

自分の周りでなにが起ころうと

気にしてません。

 

「自分の主体性がぶれなければ

何が起ころうと関係ない」

 

これもあるサッカー選手の言葉。

誰の言葉か、

回答は明日お知らせしますね♪

 

■「自分に満足しよう!」スポキャリ

 https://sports-career.jp/