【トレーナーの先生方】 | 横浜市緑区 初心者と子どものためのオーケストラpiccolo-

横浜市緑区 初心者と子どものためのオーケストラpiccolo-

横浜市緑区 オーケストラpiccolo
2020年4月より始動します。ただいまメンバー募集中!
2021年2月 第1回定期演奏会

横浜市緑区の公共施設で活動中。

弦楽器

 

奥山 佳代子

 

桐桐朋学園大学音楽学部卒業。

第44,46回全日本学生音楽コンクール東京大会入選。

これまでに浅川多美子、江藤俊哉、江藤アンジェラの各氏に師事。

 

現在(公益)神奈川フィルハーモニー管弦楽団1stバイオリン奏者として在籍。

また弘明寺音楽院のバイオリン講師として後進の指導を積極的に行う。


 

 

井口 信之輔


千葉県出身。船橋市立葛飾中学校管弦楽部にてコントラバスと出会い、オーケストラ、吹奏楽と中高の部活動で音楽の面白さに魅了され洗足学園音楽大学にて学ぶ。


2010年に同大学卒業後は、コントラバス奏者としての活動を軸に自らの原体験から音楽の面白さを次の世代に伝えるべく、指導者としての道も歩み始め、部活動からアマチュアオーケストラ、吹奏楽団まで幅広い団体の指導にあたる。


レッスンで大切にしていることは『教える教わるでなく、一緒に考え提案する』こと。


また、SNSを駆使して自らの活動を発信し、教育機関にて様々なキャリアを持つ社会人を招く土曜講座に登壇したり、オンラインレッスンを展開したり、全国の専門的な指導を受ける機会のない吹奏楽部でコントラバスを弾く中高生の相談に耳を傾けブログで自ら執筆した教則本を公開するなど音楽と発信力を掛け合わせた活動を展開している。


これまでにコントラバスを寺田和正、菅野明彦、黒木岩寿各氏に師事。よこはま月曜吹奏楽団指揮者、板橋区演奏家協会理事。好きな作曲家はヨハン・シュトラウスとその一家。


指導実績、日々の活動はブログで発信中!

https://chigu-i.blue/%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab/



 

脇村 渉

 

千葉県船橋市立御瀧中学校管弦楽部でチェロを始める

千葉県立津田沼高等学校音楽コース卒業

船橋市立看護専門学校、神戸市立看護大学卒業

チェロを松本ゆり子、上森祥平、林裕、向山佳絵子の各氏に師事。

元ジュニア・フィルハーモニック・オーケストラ、神戸フィルハーモニック団員、元都民交響楽団チェロ首席。

現在、国立国際医療研究センター病院において副看護師長として働くかたわら、室内楽を中心に伝わる演奏をモットーに演奏活動を続けている。


 

 

管楽器

 

若林 万里子

長野市出身。10歳よりトランペットを始める。洗足学園音楽大学卒業。同大学卒業演奏会、第73回読売新人演奏会に出演。東京ミュージック&メディアアーツ尚美コンセルヴァトアールディプロマコース修了。卒業時、尚美オーケストラと共演。日本クラシック音楽コンクール全国第二位(最高位)。横浜国際音楽コンクール第三位。これまでにトランペットを古田賢司、高橋敦、ヒロ野口の各氏に師事。現在フリーランス奏者として国内外のオーケストラや吹奏楽団への客演やサイトウキネンオーケストラ、水戸室内管弦楽団の演奏会に参加を重ねている。

 

 


 

片野 和泉

県立弥栄高等学校芸術家音楽コースを経て、東京藝術大学音楽学部器楽科トランペット専攻卒業。トランペットを壽山忠身、吉川禎一、佐藤友紀、栃本浩規、古田俊博、菊本和昭の各氏に、室内楽を栃本浩規、日高剛、古賀慎治の各氏に師事。

 

第3回横浜国際音楽コンクール管楽器部門2位入賞

第10回大阪国際音楽コンクール 管楽器部門エスポアール賞 受賞

第28回トランペットフェスティバル オーディション合格者コンサート グランプリ受賞

第7回 日本管弦打楽器ソロ・コンテスト クリスタルミューズ賞(最高位)受賞

 

現在、都内を中心にオーケストラや吹奏楽、レコーディングなどの演奏活動を行う傍ら、後進の指導にもあたっている。

ぱんだウインドオーケストラシーズンメンバー、Rappar's、たまごぶらす各メンバー、平山音楽院トランペット講師。