仮想通貨は世界を変える!?社会貢献とICO投資 | 投資で自由になりたい!!

投資で自由になりたい!!

投資で自由になるためのノウハウや案件の紹介のほか、投資にまつわるあれこれを気ままに書いていきます。


テーマ:

昨年からまあまあの数のICO投資に参加しています。

 

紹介されたもの、自分で見つけたもの、全部含めると10以上、100万円近くの投資になってました。

 

まあ分野も色々で、最初のうちは紹介されたものをよく調べもせずに投資していたのですが、

最近はちゃんとホワイトペーパーを読んだり、CEOのインタビューを見たり、と当たり前の下調べ

をするようにしています。

 

現在2000種類を超えているとも言われ、日々新しいICOが登場する中、私が投資した分野も

様々です。

 

しかしその多くに共通するのは、いずれもサーバーではなくブロックチェーンなどの最新技術を

利用し、脱中央集権化によるP2Pネットワークを利用していることです。

 

プロジェクト管理、企画書やアイデアの募集と管理、マーケットプレイスの構築と取引、文書管

理、監査記録などがブロックチェーンやそれを応用した独自のプラットフォーム上でなされる仕

組みを構築することが、ICOのプロジェクトを支えるベースとなっています。

 

政府や銀行、あるいは大企業に集中していたお金や利権、情報が、世界中のICOプロジェクト

に分散化し、脱中央集権化しようとしているわけです。

 

特に私が関心あるのは社会貢献度が高く、なおかつリターンも期待できるようなプロジェクトで

すが、そういうICOのホワイトペーパーを読んでみて思うのは、本当よく考えられているなあって

いうことと、そういうアイデアを実現できる技術革新の素晴らしさです。

 

例えばFountainConnectというプロジェクトでは、既存の寄付のあり方を変えようとするわけです

が、一旦寄付したらそれで終わりというわけでなく、寄付を募る側は寄付についての計画を公表し、

進捗を報告し、寄付する側はその進捗や寄付金の使い道を専用のプラットフォームを通じて監視

します。

 

寄付をしたらその後は任せっぱなしではなく、寄付された側は勿論寄付した側も寄付の進捗に

関わっていけるようなり、寄付金の使途も透明化され不正がしにくくなり、必要なところに必要な

お金が流れるようになるというわけです。

 

またFiropというプロジェクトでは、今後人口の増加とともに枯渇が懸念されている水資源を、造水

技術に特化したマーケットプレイスを創設して資金調達と投資を行いやすくすることで、造水技術

の発展を促し、水危機の打破を目指しています。

 

これまでの水ビジネスでは、一部の企業が利権と資金を握っていたこともあって、造水技術の発

展を妨げてきた面がありましたが、Firopのプロジェクトが成功すれば、お金の流れが多様化し、

優れた造水技術により多くの資金が集まるようになるはずです。

 

そしてこの造水技術に特化したしたマーケットプレイスはサーバーを構築して投資家の資金をプー

ルしたり取引を処理するのではなく、ブロックチェーン技術を利用したDEX(DecentralizedExchange)

型のマーケットプレイズです。つまり資金も投資家が自ら管理し、取引もブロックチェーン上で管理

されます。

 

これらはほんの一例ですが、こうして見ると、ブロックチェーン技術やその応用技術を用いて見えな

いものを見える化し、中央に集まっていたお金や情報が分散化することで、本当に必要なところに

資金や情報が流れるようになるわけです。

 

ICOには色々問題の多いものも多いですが、世の中に変革を起こし、社会を変えていこうという真面目

なプロジェクトには投資と言う形で貢献していきたいですね。勿論リターンも狙いますけど(^_^)。

 

 

 

 

 

 

 

katukitiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス