幼児の親子英語挫折経験を語る・・・でも10年後がすごいよ!

幼児の親子英語挫折経験を語る・・・でも10年後がすごいよ!

親子英語に挫折したぐーたらママの私。
子供は英語できなかったハズが、まったく勉強しなくても高校生で芽が出て偏差値がすごっ!な驚愕体験を語ります。

私みたいなダメママでも、英語やってあげるだけで良かったみたいです。

子供が幼稚園の年少組のときのこと。

 

スパリゾートハワイアンズに行きたいな❤と思い、いろいろ調べてみました。

 

どうせ行くなら日帰りじゃなくて、泊まりたい。

めいいっぱいプールで遊びたい。

泊まるならいいホテルのいいお部屋に。

お食事も美味しいもの食べたいし。

 

 

どんどん理想が膨らんでいきます。

 

と、同時に、親子3人で宿泊+交通費を計算すると、すごい額に・・・。

 

これなら海外旅行いけるやん。

 

 

どいうわけで、成田から6時間でいけるボルネオのリゾートに行くことにしました。

 

 

当時国立公園の中にあって、野生のオランウータンの赤ちゃんを自然に還すというプログラムを見学できる

シャングリラホテルに泊まることに。

 

シャングリラはペナンでも泊まってすごく気に入ってたので、シャングリララササヤンとシャングリララサリアの2つのホテルを3泊づつの計画にしました。

 

 

最終的にはハワイアンズの2倍になったけど、6泊で海外ですからね。

 

もちろんホテルは半額になる代理店を探しまくって予約しました。

 

飛行機もマレーシアエアラインで安いチケットを直購入。

 

 

 

シャングリラにしたのは、オランウータンの赤ちゃんが見られるのもあったけど、キッズクラブが豪華だったから。

 

 

キッズクラブで初の海外体験が目的だったのです。

 

 

ボルネオキッズグラブ 次の2につづく

幼児期の英語でやったこと。

 

やっぱり音声をいれてあげること。

 

日本語は母音が5個しかないけど、英語はもっと多いので、早い内に入れてあげると聞き取れるようになるんです。

 

当時近所に住んでたママ友のダンナさんがイギリス人で、そのご家庭の英語教育をマネしました。

 

といってもイギリス人のダンナさん、日本育ちで英語が下手だったという(笑)

 

だから余計参考になった。

 

 

具体的にいうとTVです。

 

いまだと、ケーブルTV契約して英語番組見せてました。

 

他にはAMAZONでアメリカやイギリスからDVDを取り寄せたり。

すっごい安いんですよね。

 

ただ、日本のDVDとリージョンが違うから見れなかったりするので、子供用にリージョンフリーのDVD再生機をキープしてました。

 

 

ところで話は変わって、最近乾燥肌対策にオルビスディフェンセラの効果の記事を見て乾燥肌対策サプリを飲んでるんですが、けっこういいです。

 

これから花粉の季節ですね。

花粉と乾燥で最悪な季節なので自衛に入ってます。

 

あなたもご自愛ください。

 

 

昨日からの続きです。

幼児期の英語でやったこと

みんなやると思うけど、ディズニーの英語システムに資料請求。
 
でも、営業の電話がきて、いろいろ聞いてみたら、その営業の人、英語しゃべれないどころか、英語教育そのものに詳しくない。
しかも、超絶高かった・・・。
 
ので、家に来てもらってないです。
来てもらったら、気が弱い私。
押し切られそうな気がしたんですよね~。
 
 
私は、子供の英語に高いお金払うのに反対・・・
というか、当時ダンナのお給料のやりくりだけで生活していたから、数十万の教材はムリ。
 
ローン嫌いやし。
 
一括で現金で買えるような教材を探すことにしました。
 
 
続く
 
 
 


英語育児ランキング 

赤ちゃんを妊娠した時、いろいろ想像しますよね。

 

この子はどんな人になってほしいとか。

 

私は自分の足で自分の思いで、世界中どこでも好きなところで、好きな仕事ができる人。

自分の人生を思い通り楽しく行きていける人。

愛し愛される人。

 

この3つを想像しました。

 

世界中どこでも・・・というところで、やっぱり語学ができたほうがいいヨネ!

そうだ、英語やらなきゃ!

 

 

というワケで、めっちゃ英語教材チェックしました。

 

 

本もいっぱい読みました。

 

いろんな説があって、バイリンガル教育は有益、いや無益どころか害がある・・・。

 

やるすぎるとよくない・・・など。

 

でもやっぱり耳は幼少期しか鍛えられない(効果がでる)ということで、子供がハイハイの頃から英語を生活の一部に取り入れました。

 

具体的には・・・・

明日に続く

 


英語育児ランキング 

はじめまして。

ぐーたらママです。

略してぐーマ、なんつって(笑)

 

ぐーまは、高校生の子供がいます。

 

子供が2歳くらいから時々、英語にふれさせてきました。

 

教材買ったり、DVD見せたり、ハワイのサマースクールに行ったり。

 

でも全部中途半端。

 

正直ぐーまはぐーたらなので、子供にバイリンガルになるくらいまでの英語を与えてあげることなんか、まったく、これっぽっちもできませんでした。

 

 

日記さえ2日で終る私。

 

家計簿も

12ヶ月のウチの1ヶ月さえ、埋まったことなし。

 

そんな私に親子英語できるワケない・・・。

 

 

 

 

と、ところが、挫折から10年近くたって異変が!!!

 

 

子供の英語の偏差値がめっちゃいい!

 

成績じゃないですよ、偏差値ね。

 

学校の成績は勉強しなくては取れません。

 

何もしなくて取れる偏差値ですよ、いいのは!

 

 

ベネッセのGTEC(英語能力を4方向から見る)では

アメリカの現地高校生に混じってネイティブで授業が受けられるレベルとでるし。

 

 

 

予備校の模試でもリスニングはいつも満点。

 

 

 

 

結局、私が失敗した・・・

私がぐーたらだから・・・・

 

と長らく自分のダメさを責めていた「ぐーたらダメ親子英語」

 

今となっては子供に感謝される「すばらしいママの愛」に変わったのです。

 

 

ビックリ

 

 

幼児期の英語は賛否両論あるけれど

「まずは日本語・・・」とかね。

 

リスニングは子供ほどいいし、英語の音を入れて損はありませんよ!

 

 

 

子供の英語でいろいろ迷っているママちゃんたちに向けて、

私のぐーたら英語育児でさえこんなんだから

ゆっくりやって大丈夫と言いたい!

 

 

人気ブログランキングへnbsp;