カラオケで歌っているとき、「ん」の発音が上手くできないという経験、ありませんか?
 

「ん」と言おうとしているのになんだか「う」ぽくなってかっこ悪い
 

心当たりがあるのではないでしょうか
 

そういえば、歌の上手い友達は、「ん」の発音もきれい(というか普通)にできていますよね

この記事では、カラオケで「ん」をきれいに発音するためにはどうすればいいのか、解説していきます

ボイストレーナーの私も昔は「ん」の発音が苦手でした

 

今回ご紹介する方法で、今では「ん」がきれいに発音できるようになりましたよ^^

 

「ん」をきれいに発音するためには鼻の通りが重要

「ん」をきれいに発音するためには、鼻の通りが重要です

 

実は、「ん」が「う」ぽくなってしまうのは、鼻の通りが悪いからだったのです

日本語で「ん」という発音は鼻音

 

鼻音って鼻から出る(鼻で響く)音ですよね


「ん」を発音している最中は、舌や唇で息をせき止めることで、鼻から空気を抜いているのです

日本語の「ん」は5種類

具体的に説明していきます

日本語の「ん」はなんと5種類もあるんです!
 

・口蓋垂鼻音 (こうがいすいびおん) :ことばの最後が「ん」


・両唇鼻音 (りょうしんびおん):うしろにマ行・バ行・パ行がくるとき
 

・軟口蓋鼻音 (なんこうがいびおん):うしろにカ行・ガ行がくるとき
 

・硬口蓋鼻音 (こうこうがいびおん):んにゃ・んに・んにゅ・んにょ

 

・歯茎鼻音 (しけいびおん):その他の「ん」
 

一目瞭然ですが、名称はすべて○○鼻音となっています

 

鼻音は鼻から空気が出ている

鼻音を発音している際には、空気は鼻から出ています

特にわかりやすいのは「両唇鼻音」


これは、唇を閉じて発音する「ん」です


うしろにマ行・バ行・パ行がくるときに両唇鼻音になります
 

例えば、「散歩」とか「乾杯」
 

実際に声に出して言ってみましょう

 

「ん」のときに唇が閉じています


唇が閉じているので、息は鼻からしか出ませんよね!

 

歌っているときは空気の量が多い

歌っているときは、普段の話し声よりも大きな声を出しています
 

大きな声を出すということは、普段よりも大量の空気を吐いているということです


歌の中で「ん」と発音するとき、鼻の通りが悪いと、大量の空気が行き場を失います

 

その結果、仕方なく口から出ようとするのです


そのため、舌や唇で息をせき止められなくなり、「ん」が「う」ぽくなってしまいます


普段は問題なく発音できる「ん」が、歌になると上手く発音できなくなるというわけですね!

 

鼻の通りをよくするには鼻うがい

「ん」をきれいに発音するには、鼻の通りが重要というのがお分かりいただけたと思います


では、今よりも鼻の通りをよくするにはどうすればいいのでしょうか?


鼻の通りをよくするには、鼻うがいがオススメです


鼻の通りが悪い人は、鼻水が鼻の中にたまって、空気の通りを邪魔している可能性が高いです


鼻うがいをすることで、たまっている鼻水などの異物を洗い流すことができます

 

その結果、鼻の通りを良くすることができるのです


鼻うがいでスッキリきれいな鼻の通りを体感すると、やみつきになりますよ!
 

市販の鼻うがいキットも販売されていますので、ぜひ一度お試しください!

 

 

 

まったく痛くないので、だまされたと思ってやってみてください

 

鼻うがいできれいな「ん」の発音を手に入れてくださいね!

 

 

鼻の通りをさらによくするトレーニングを知りたい方は、


高松オンラインボイストレーニングの無料体験レッスンへ♪