こんばんは!伝統調味料研究家金垣智香子です。


毎週届け物をしてくれるお姉さん。月曜日の朝に来てくれるんですが、さすがにこの暑さで、「食欲がない、夜も寝られない」と言っていました。


猛暑日続きの毎日で、外回りのお仕事は夏バテになってしまいますね。



私も水分補給をしなくては!と思って水を取るのですが、なんだかお腹がチャポチャポしている感じです。


「水じゃなくて、もう少し体にいいものを取りたいな……。」


そう思った時に思い出しました!


「そうだ、甘酒!」



先日蔵見学に行ったヤマキ醸造さんでいただいた甘酒がありました。


 

甘酒というと、酒粕で作るお酒っぽい、ドロンとした、温かい甘酒を思い浮かべる方も多いでしょうか?


甘酒には2種類あって、酒粕から作られるものと、から作られるものに分かれます。


私がおススメするのは、麹から作られる甘酒


ブドウ糖ビタミンB群・アミノ酸など体にいいものがいっぱい含まれています。


夏バテ予防にピッタリ!飲む点滴とも言われているんですよ😄


 

早速飲んでみると、甘さ控えめ、サッパリしているので、暑い夏にもサラッと飲めます。


生姜も加えると体にいいと聞いていたので、すりおろして生姜汁を入れてみると、さらにスッキリして美味しくなりました。



最近ではスーパーでもいろいろなメーカーの甘酒が並んでいて、手に入りやすくなりました。


裏を返して、原材料が「米・米麹」のみ、砂糖を足していなない甘酒を選ぶといいと思います。




あなたも夏バテ予防に甘酒。ぜひ、お試しあれ!

 

 

ヤマキ醸造 糀あま酒 ときめく糀