こんばんは!伝統調味料研究家金垣智香子です。


先週の土曜日、半蔵門のとあるビルでやっていたイベントに参加してきました。


Factelier社主催 工場文化祭2019〜作り手と次世代の継ぎ手、使い手を結ぶ〜



こちらのトークセッションにHANDRED のメンバー、堀川屋野村野村圭佑さん鈴廣かまぼこ鈴木智博さんが登壇される、とお聞きし、出かけて来ました。




会場に入ると、coedoビール が並んでいます。一杯いただけましたよ🍺  


この Factelier ファクトリエ さんは、メイドインジャパンの工場直結ファッションブランドで、日本の職人さんの最高の技術と情熱によって作られた本物を届けらてれいる会社です。



トークのテーマは異業種の挑戦者たち:「伝統を今に活かす〜価値あるものづくりを未来へ〜」





Minimal -Bean to Bar Chocolate- 山下 貴嗣 さん、Factelier代表の山田敏夫さんの4人でのパネルディスカッション。




普段は聞けない、外側から見たHANDRED の印象やもの作りと経営のバランスなど、食以外の話題も聞けて、とても面白かったです。



会場では、かまぼこや徑山寺味噌、ビーントゥーバー チョコレートの試食も。



きっと始めて触れる味だったの方も多かったと思います。どれも美味しかった〜✨


 

このイベントの特別ゲストには、アウトドアウェアメーカーのPatagonia 日本支社長 辻 隆行さんも登壇されて、ファッション業界と環境などについてのお話も興味深いものがありました。



本物を作って届けたいという情熱を持ったファッションの作り手の方々は、業界は違えど、根底にはHANDRED のみなさんと相通じるものがあると感じました。


たまには、他の世界にも目を向けてみるのもいい事ですね。

 

野村さん、鈴木さん、興味深いお話をありがとうございました!


お二人をサポートされた、浦野さん、お疲れ様でした!


見聞が広がった、楽しい一日でした。



堀河屋野村


鈴廣かまぼこ


minimal -bean to bar chocolate-


patagonia


factelier ファクトリエ