こんばんは! 伝統調味料研究家金垣智香子です。


昨日は甥夫婦がレッスンを受けに来てくれました。


実習も二人一緒。甥が包丁を持つのを初めて目の当たりにしましたが、これがなかなか上手なんです。


思えば、甥は10年ほど一人暮らしを経験していて、料理もやってたんですね。まさに料理男子。


前回天つゆのレッスンの後、肉豆腐炊き込みご飯を作ったそうです。


私の主人は料理が全く出来ないので「これだけ出来るご主人だったら、助かるわ〜」と心の中でつぶやいた私。身重のお嫁さんには、心強いですね。



昨日のメニューは冷やし中華だったのですが、タレには甘酢をベースにしてアレンジしましたが、「Hさんはお酢が苦手で、酢の物とかあまり食べないんですよ。」とお嫁さん。


しかし、昨日作った冷やし中華を試食すると「んっ? このタレ、酸っぱく無いね。とってもまろやかで、美味しいね!」と言ってます。


そうだろう、そうだろう! Hくん、その酢は飛び切り美味しい富士酢なんだよ。




やはり、富士酢のまろやかさは、言わなくても分かるものですね。


さすがです👍🏼



どこで買えるのか、とお店を確認し「また、買いに行かなきゃね!」とお嫁さんを誘っていました。


前回のレッスン後、使っていた調味料をお取り寄せしてでも揃えていた二人


伝統調味料の良さを実感したようです。



Mさん、Hくん。丁寧に作られている伝統調味料を活用して、美味しいお料理をいっぱい作って、家族で楽しんでね〜😄




富士酢醸造元 飯尾醸造




飯尾醸造 さんの蔵見学のレポート

⬇️   ⬇️   ⬇️

富士酢 飯尾醸造 見学隊 ③ 蔵の中へ