こんばんは!伝統調味料研究家の金垣智香子です。

 

 

6月の梅雨の晴れ間、銚子に来ているHANDRED見学隊

 

いよいよお目当てのヒゲタ醤油銚子工場に着きました。

 

 
 

 

門柱などの写真撮影をしていたら、なんとお迎えに来てくださいました!

 

服部佑さんです。

 

 

 

服部さんとは、3月に神楽坂プリュスで行われた高橋万太郎さんの利き醤油の会でご一緒させていただき、お知り合いになりました。

 

今まで手仕事にこだわって作っている小さい蔵を回ってきましたが、大手の工場も見学しよう!とヒゲタ醤油さんへ、厚かましくも、工場見学をお願いした次第です。

 

 

そんなお願いも快諾して下さった服部さん。

 

今回は、特別に許可をいただき、工場内もご案内してくださいました!ありがとうございます😄

 

 

今回は大手の醤油工場という事で、勝手が違います。

 

 

体調や持ち物のチェック、そしてヘルメット白衣の着用が義務付けられています。

 

 

ご迷惑をかけないように気を引き締めて、見学に向かいます。

 

 

 

先ず、昭和レトロな映写室でヒゲタ醤油さんの紹介ビデオを見ました。

 

ヒゲタ醤油さんは、創業400年を越えた関東最古の醤油業。


5代目田中玄蕃さんが大豆に小麦を加えた濃口醤油の製造法を確立させ、蕎麦や天ぷら、鰻の蒲焼きなど、江戸の食文化の発展に大きく貢献されました。


明治の頃になると機械化・工業化が進み生産量も増え、大正に入って銚子の3蔵が合弁銚子醤油合資会社を設立。


その後株式会社となり、1976年に現在のヒゲタ醤油株式会社となりました。

 

400年以上の歴史ある、関東で一番古い醬油蔵なんですね。


しかも、小麦を加えた、今の濃口醤油の原点だったとは!


恥ずかしながら、知りませんでした。スゴイ!

 


 

さあ、いよいよ工場見学の開始です。


ここからは、今回は通常の見学コースに加えて、なんと!普段は入れない区画もご案内していただけました!


特別なご配慮をありがとうこざいます😊



 

先ずは、工場を入って正面の建物にご案内してくださいました。

 

 

「この建物は昭和5年の建物で、この工場で一番古いんです。」と服部さん。

 

 

 

急な階段を登って、普段は入れない屋上に、特別にご案内していただきました!


前日はかなりの雨だったのですが、この日は晴れ!銚子港や利根川の河口も見渡せます。

 

こちらからだと工場全体が見渡せます。それにしても、大きい!広い!

 

さすが、大手の醤油工場です。

 

 

大きなサイロや麹を作る建物、諸味を入れる巨大なタンクもありました。

 

 

 

服部さんから醤油作りの流れを説明していただき、下に降りて、タンクの側まで来ました。

 

 

image
 

みんな白衣が似合ってますね。

 

 

 

「この諸味タンクはどれぐらいの量が入っているんですか?」と見学隊。

 

300キロリットルです。1リットルの製品が30万本分ですね。」


うわ〜、もう、想像がつきません💦


すごい量です。

 

 

 

こちらも普段は絶対にお目にかかれない、諸味も見せていただきました。


発酵が進むにつれて、色や香がまろやかになっていくのが分かります。

 

 

 

見学の最後は、通常の見学コースで色々体験。


 

VRスコープで工場内をバーチャル見学したり、天秤棒で樽を担いでみたり。


 

濃口醤油の火入れ前の生醤油と火入れ後の醬油の味くらべも出来ました。


色や風味の違いが分かりますね。

 



特別に作っている神事用に奉納する醤油や実際に使われていた木桶。手作業で諸味を絞る光景などを見る事が出来ました。




 資料館では、ヒゲタ醤油の歴史や醤油樽作りの工具、現商品のラインナップなどが見られます。




珍しい醤油番付もありましたよ。


商品のラインナップを見ると、家庭用というより業務用が多いのが分かりますね。


江戸の頃から食べ物屋さんがご贔屓と聞くと業務用の製品が多いのも納得です。



興味深いものばかりですね〜😳




見学の最後に服部さんと記念撮影📸





特別な場所へのご案内いただき、そしてとても丁寧なご説明をありがとうございました😊  一同、感謝、感激です😍




初めて目にする大規模な施設に、新しい発見やびっくりする事も多かった工場見学。


充実の一日となりました。





お忙しい中、お時間を割いて下さった服部さん、色々ご配慮いただいたヒゲタ醤油の社員のみなさん、本当にありがとうございました。



充実感と感謝の気持ちでいっぱいになった見学隊の面々。


満ち足りた気分で工場を後にしました。




ヒゲタ醤油




見学隊 銚子へ ③ に続く……。