静岡県 浜松市 中区 住吉
温活 de ツヤ肌 エステサロン
インディバエステsoie ( ソワ ) 岡本です。









こんにちは。


ハッとさせられる記事をよみました。



老化=ダメ
なコト、って思い込んでしまっている 
現在の風潮について書かれた記事を読みました。
それは、おかしな事だという内容でした。


そして、
予防という言葉。
その中でも、
老化予防とか、介護予防っていう言葉。


わたし自身、よく使っています。
老化予防していきたいし、
介護予防していきたいと思っています。



介護予防という言葉は、
介護が必要になる事がダメな事だから、
介護させてしまわないように、
未然に防いでいこう、っていう行為。



老化予防という言葉も、
老ける事、
シワやシミ、たるみができる事が
ダメな事だから、
未然に防いでいこう、って行為。


老化=ダメ
介護=ダメ

極端過ぎて、
ちょっとオーバーな捉え方かもしれませんが…



介護も、老化も、
ダメな事と、
思い込んでしまっていて、
そういう風潮が正しいというか、
当たり前になってしまっています。


それは怖い事だな!
って記事を読んで気づかされました。



わたし達人間は、年を取れば
普通に足腰は弱くなり、
他人の手が必要になる事が増えてきます。


年を取れば
10代、20代の頃には無かった
しわ、シミ、たるみなどが出てくるのは、
当たり前の事です。



今回ハっとさせられた記事で
わたしの気づきというか、
今後気をつけて、
介護予防や老化予防とうう言葉を使い、
伝えていきたいと感じました。



予防できていない事が
ダメな事でもなく、
対策するのが
絶対にするべき事でもない!


っていうのも、含まれるように
言葉を使っていきたいと思いました。



もちろん、
介護しているお客様を目の当たりにすると
予防できる事は、
早め早めにする必要もある、
気をつけられる方法がわかっているなら
対策していってほしいと思います⭐️
自分自身に関しても
予防は、していきたいと思っています。



わたしのような美や健康に携わっている
人たちは、特に気をつけて使うべきだと
改めて思いました。



言葉を過剰に使い過ぎて
不安をあおったり、
あおり文句のような宣伝を
するのは、避けなければいけない。



美容の分野でも、脱毛に関して、
「介護の時に、迷惑をかけないように
今のうちに脱毛するべき!!」


って、お客様に言うのは、違うな…
ってわたし自身、エステ仲間の方と
お話して思った事があります。


プロの介護師さんは、脱毛されていなくても
そこに意識は、いかないはずです。


わたしも、脱毛されていないお客様でも、
されているお客様でも、
施術している間、
全く気にならないですし、
全くそこに意識は、いきません。


毛ではなく、
目の前のお客様の、
筋肉とか、静脈とか、脂肪とか、
その状態を感じる事に集中しています。



自分でサロンをスタートしてから
わたし自身気をつけている事が
あります。


それは、
わたしの勝手な解釈や価値観、見方で、
アドバイスをしないということを
意識しています。


お客様が、お客様自身で
口にされた言葉を
変換しないで受け取り
(悩みやご要望)に対して
寄り添う
アドバイスや施術
をするようにしています。



それが物足りないと感じる方も
いると思います。



言葉は、間違えると武器になり、
人を傷つけたり、不安にさせます。



美容、健康
学べば学ぶほど
伝えたいが強くなります。



わたしは、
どんな時も、一歩立ち止まって
俯瞰して見る、
客観視するを
今後更に強化していきます⭐️