サリーの心得

インドといえばサリー。
私も時々、着ます。なんせ
5メートル近い布を体に巻きつけますから、夏は暑い。しかも、サリーを着たら最期、ほかにも、たくさん装飾品をまとわなければならないのです。



     
むしろ、15分かけてやっと着たサリーの、
ここからが本番!
指輪さえも暑く感じるので家では
ノーアクセの私はゼロからのSTARTです。

ちなみに日本のインド雑貨店などに売っているようなアクセは、インド人のものではなくヒッピーや、インドにいる外人のため売られているものが大半です。インド人は金のモノ以外のチープなアクセはほとんど、子供のつけるものと思っているようです。

まずは、
ビンディ(2分)
このように、第3の目のあたりにつけます。




5ルピーぐらいでシールが売ってます。




ちゃんと、自分の顔のバランスのいい位置にちゃんとつけなければなりません。なんどか、試してみると、シックリする黄金の位置が見つかります。

そして、その日のサリーの色にあったビンディをつけなければなりません。そうでないと近所の奥さんたちに、あなたのビンディの色と、サリーの色があってないわよ。と、言われかねません。だから常に何種類かはストックする必要があります。

何度もつけはずししていると、粘着力が弱くなってくるので、
ツバをつけて貼りなおしたりもします。

お次は、
ピアス(1分)

インド的にはマストアイテム。でも、インドのイヤリングはどれも、耳に通す
棒の部分がかなり日本より太めなので、いくらキレイなインドアクセサリーも日本人には拷問。泣く泣く、日本から持ってきた古いピアスを毎回するはめに。
         

     
次に、
ネックレス(1分)
結婚式の時に贈られた純金の重くて、
チクチクする結婚の証のマンガルスートラと呼ばれる、ネックレスは既婚女性にとって、超超マストアイテム!だんなさんが死んだときにやっと、はずしてもいいとされるほどのもの。わたしは、かれこれ、2年付けていません。


次に、
指輪(2分)
インドでは指輪もマストアイテムで、だいたい、片手に2こづつはめている人が多いです。すべて金で、大きな石(インド占い的に自分にとっていい石をはめたもの)がはめられているのが多いです。

石が与える効果は、ある程度の大きさがないと意味がないとされていて、
その人の身長と、体重を計算して、どのくらいの石の大きさが必要か、占い師に教えてもらいます。

私は片手にひとつづつ、ねだって買ってもらったダイヤの指輪と、
主人のお金で内緒で買ったダイヤの指輪をはめます。主人には友達がくれたといってあります。


次に
バングル!(8分)

買った当時はうれしくてこんな風に並べていたのですがダウン





整理整頓が大の苦手なわたしは、いつもこうやってすべて一緒くたに、放り込んでいます。で、いざ、外出前になると、いつもそのツケを払わせられます。




この中から24本、2,3色の組み合わせを、服に合わせた色(もしくはコントラスト色)でそのつど、組み合わせるのは、
かなりウザイ!いっしょに入れたネックレスとがいつも絶対絡まっています。
で、メラメラ摂氏38度の中メラメラここまで、がんばってきたのに、このバングルの段階でいつも、



発狂寸前!!メラメラメラメラメラメラメラメラメラメラメラメラメラメラメラメラメラメラメラメラメラメラメラメラメラメラメラメラ





何もかも脱ぎ捨て、ひきちぎって、ジーンズとTシャツに
着替えたい衝動にかられますが、

なんとか気を鎮めて。

こんどはアンクレット(パイル)後半戦突入です。

足を台の上にのせます。留め金がとめにくいので、両足で2分。


インドでは上半身は金ですが、足は銀製品と相場が決まっております。
また、両足につけるのが鉄則。すべての美において、左右対称のバランスを重んじるインド、片足だけつけちゃお!なんて、アンバランスありえません。

通常たくさんのかわいい鈴がついていて、歩くとシャナリ、シャナリとキレイな音がします。左右のバランスが悪い歩き方だと、音ですぐわかるので、
歩き方の矯正に最適!
自分の歩き方が聞こえる!

また、気持ちがあせっているといには、歩き方もシャカ、シャカ、シャカとするので、ああ、気をつけよう、今の自分はあせっている。。。。と。
すばらしい生活の知恵です。
普段はチクチクするので付けませんが。

かなり気合の入ったときには、オプションとして腕輪をつけることもあります。これは金メッキで、バジャールでたまたま見つけたのですが、日本円で500円とは思えないすばらしい細工です。




腕の上腕部にはめます。これはかなりかっこいいです。

腕のイチバン太いところにつけるのですが、油断すると、すぐズルッ!
となってしまうので、これまた、何度かやって、MY黄金位置を見つけなければなりません。片手で、上腕部の留め金をとめるのはかなり、ワザがいるため、これで、3分経過。


私の場合はこれで終わりです。
ここまでで、19分かかっています。
いつもこの時点で外出する気力を消耗してしまっています。
そして、たいがい遅刻です。

ハァ、ハァ、ハァ。。。。

このほかにも、既婚女性は鼻ピアス足の指輪、髪の毛をセンターわけにアップにして、その分け目に赤い粉で線を引きます。
アップの部分には、ジャスミンの生花をつけます。




キリがありません。。。。。。

インドの女性はそれでも、貧富にかかわりなく、こうやって毎日、身だしなみをしています。

ほんとは、こんなキレイなサンダルをあわせれれば完璧だけれど、
インドで履いたら、即、捻挫か、ヒールが土にめり込んで抜けなくなります。
なので足元はヒール3センチのサンダルが鉄則。






来世の目標ダウン





インド旅行する女の子、なんちゃって、インド雑貨風のアクセを買うより
本当のインドデザインのものも、試してみてね♪