豊玉姫の上陸地には、宮崎を始め多くの伝承が残っています。

 

志都神社

 

祭神は日本神話によれば海神国より帰って、この地に上陸されたという日向二代の妃「豊玉妃」であり、社殿は西方に向って建ち、昔は海上から参拝するようになっていた。

 

 

宇原神社

 

古老口碑に、抑当神社は神代の鎮座にして初め彦火々出見尊及豊玉姫尊海神の宮より還らせ給ふ時、日向の神田に御船を繋ぎて(又は鰐とも云ふ)陸に上らせ給ふ、船化して島となる神島之なり、碇化して厳石となる哮石之なり、二柱神上陸の路あり、豊玉姫尊石に腰を掛けさせ給ひし地を石の神と號す。(今布留御魂の神を祭る)其石今に至るまで土中に埋まることなし。夫れより清地を選びて産屋を造らせ給ふ地を鵜原崎といひ、鵜羽を以って産屋を葺き終らざりし内に御降誕あり、其子神を彦波瀲武鵜茅草葺不合尊と申す。それより浮殿に移り後今の宮所に移らせ給ふ、之れ当社の草創にして、その先駆の神を左右御前の神と號し、当社辰巳の方に斎き奉ると伝ふ。

 

しかし対馬に伝わる伝承では全く異なる伝承なのです。

 

鴨居瀬

釣り針を探す旅に出た山幸彦は、古代の港があったと云われる美津島町鴨居瀬(みつしままちかもいせ)に到着したそうです。

 

山幸(大国主)は誕生地も諸説あり、一説では長崎県雲仙市であるとも云われています。

 

雲仙~壱岐~対馬に至ったのでしょうか?

 

青木繁記念館 「大己貴」より


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村