近くのローカルマーケットに買物に行き

時間があったのでメヘンディをした

このマーケットには店舗の片隅に小さなメヘンディコーナーが3箇所ある

雨が降りそうだったので軒下のお店に

手首をギーーーー!っと切られてるかのようだけど

メヘンディのワンストローク目のフォト







ローカルマーケットで小さな椅子に座ってする屋外メヘンディは安い

そしてヘナアーチストはティーンエイジャーか?というような子たち

この度も16才の幼さがある男の子


親指と人差し指が真っ黒にびっくり

毎日のお仕事の結果やね

彼の生命線が気になるところだが…

16才の作品はコレ↓


両面する場合は裏側の手首から先にして手のひら

表側をして

最後に指先をして終わり


両面で100ルピーでした

肘まですると200ルピー

事前に値段交渉し

支払いはヘナをしちゃうとバッグを開けたり財布を取ったり出来ないから先に済ませたが

ヘナペーストの材料費と集中力の対価としては安すぎる!

グルガオンのマーケットより安い

デザインが細かくなると代金は上がる

ヘナペーストの使用量と代金は比例するものだ

それなのに…ウチの近所は安すぎる

翌日のヘナ




身体に模様を書く人類の歴史は世界各地にある

日本の刺青も然り

インドのメヘンディは花嫁さんが結婚式の前に施すものだが

インドでは年中何かとメヘンディをする機会がある

ヒンディーのお祭りやイベント前にはメヘンディコーナーは満員

こんな日はオール1000ルピーに跳ね上がる!




様々なデザインがあり

デザイン帳から選ぶのもいいが

古典的なデザインが好みでない場合は

スマホでデザインをググってこんな感じで!というのもアリ

ヘナペーストが皮膚にのると冷んやりして気持ちがいい

セカンドサマー の時期ならではのお楽しみルンルン

ただ市販のヘナコーンは
成分に何か化学成分が混ざってる可能性があるのでアレルギーや皮膚の弱い方は気をつけて!

コレはケミカル無しでナチュラル成分と書いてますね


一つ20ルピーくらい




ローカルマーケットの一角にあるメヘンディ屋さんはヘナパウダーを水でときヘナペーストを作ってヘナコーンを店頭で巻いてるところが多い

その方が安くあがるからね

ヘナのいい香りルンルン





今回のメヘンディもヘナパウダーをネリネリしたものを使うお店でした

こんな細かな模様を描く集中力とデザインのセンスったら凄い

価値ある100ルピーでしたニコニコ







にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村