久々にアメブロにログイン。

 

 

な、何とっ

公式ハッシュタグ「#税理士試験」で1位になっていた!! びっくり

 

 

 

 

1位を獲得したのはこちらの記事

 

 

 

本試験まで2ヵ月を切り、全国模試が行われている頃ですね。


今がちょうどその「直前期」というのもあって

多く読まれているのかもしれません。

 

お読み頂いた方へ、厚く御礼申し上げますニコニコ

夏の受験に挑む貴方が、少しでも合格に近づいたらなら幸いです。

 

 

簿記論&財務諸表論を受験する方へ

実は、こちらのコーナーの一番目にも

簿記&財表の学習法を掲載させて頂いております。

 

上述のとおり、私は簿記論が全然ダメでした。

3回不合格でしたあせる

 

ある時、2年目と3年目の答練(直前期の答案練習)の平均点を比べたら
面白いほど進歩していない。

 

講師に相談に行ったところ、「解き込みが足りませんね」と。

このアドバイスが、反復練習を実行するきっかけとなりました。

 

 

簿記論に限った話ではないけれど

あの試験の計算問題は、とにかくボリュームが多い。

 

時間内に誰もが出来そう(=高配点になりそう)な所を見つけ、かつ解き切るには

3回やったら3回とも正答できる精度を

身体に覚えさせる必要があるんでしょう。

 

私のように、理論のほうが得意なタイプは

計算を疎かにしないよう注意が必要かもしれません驚き

 
 
 
8月の本試験まで、まだ時間は十分。
ラストスパートは7月後半に残し、引き続き走り続けてください!!

ようやく桜が咲きそうな八ヶ岳山麓

3月末~4月初旬に色々あったので書きます。

 

引っ越しました

昨年の秋、不動産の神様「寒川神社」に参拝に行きました。

この時ちょうど戸建物件がないか探していて、見つかったのが

4月から住んでいる今の家です。

 

幸いなことに、前の所有者が素晴らしく丁寧な方でして

床断熱、窓交換、バス・トイレ改修、など

リフォームを重ねてくれていました。

 

しかも改修歴をノートに記録してくれているという‥

水道ガスの開栓・閉栓手順も、写真と文章つきでマニュアルあり。

何という丁寧な方おねがい

 

築年数の割に、古臭さを全く感じさせないお家

大切に使わせてもらいます🏠

木々も多く自然の中で仕事を楽しめる環境になりました^^

 

 

市の広報誌に載りました

北杜市が刊行している『広報ほくと』

2024年4月号の移住者紹介コーナーに私が載っております。

『広報ほくと』2024年4月号 11ページより

 

市のコワーキングスペースにて「やさしい経理・税金教室

この開催がご縁で打診を頂いたわけです。

 

一緒に文章を考えてもらったのが、地域おこし協力隊の方。

地域おこし協力隊って??

ざっくり言うと、都市部から地方へ移住し、任期付きで公務員になった人です。

移住した自治体から任命を受けて地域の活動に従事

移住者の定着を図り、過疎化などの課題解決に繋げる制度なのです。

 

移住者同士ざっくばらんに話をしながら、文章が出来上がりました。

掲載の機会を頂き、感謝申し上げますにっこり

 

今年も確定申告の季節となりました。

 

 

 

 

 

はい、ドロボー国家ですよ。

納税拒否運動が、起こりそうで起こらない不思議な国。

 

実際にご相談を受けていて、全ての方が、適正な方法を求めて来られます。

日本の一般市民の遵法意識の高さは、特筆すべきものがあります。

(皮肉じゃなく、本気でそう思う)

 

私は国家からライセンスをもらって仕事してますので

ルールに則った「あるべき処理のしかた」を、淡々とお伝えしていきます。

不安な方はぜひ一度ご活用ください ↓↓↓

 

 

 

P.S.

きょう個別相談したお客様

私のホームページ&ブログを事前に細部まで

読み込んでくださっていましたニコニコ

 

今までしたためてきたWebコンテンツが

徐々に威力を発揮し始めたのを実感してます。

 

早いもので今日で開業一周年。

日頃お世話になっている方々に、御礼申し上げますにっこり

 

 

 

これから確定申告シーズンに入ることもあり、

先週~今週は毎日、個別相談の依頼を頂き、出回っていました。

 

どのお客様も、

クラウド会計を使い、ご自身で申告書をほぼ完成させている方でした。

その中で不安だったり分からない部分を、私が補足するという。

 

ご相談の例としては‥

・上場株式の配当・譲渡益を申告すべきかの判定。住民税や国保への影響も踏まえて(個人)

・インボイス登録したことによる消費税申告書の記載方法。2割特例適用者(個人)

・海外向けサービスによる消費税還付の検討(法人)

などでした。

 

なお、2~3月はまだ空きがございます。

上の例に限らず、「これで合っているか確認したい!」というご要望あれば

こちらからお問合せくださいませ。

 

 

ラジオ番組の収録に行ってきました

LCV-FM(諏訪市のコミュニティ放送局)の番組「それなり電鉄」に出演させて頂きます!

 

 

番組を電車に見立て、乗客に話を聴くというコンセプト。

自らの宣伝はもちろん、「なぜ移住して開業したのか?」をメインに語っております。

 

放送日は

・2024年2月17日(土) 24:00~25:00
・2024年2月22日(木) 19:00~20:00【再放送】

この中の約15分間です。

 

パーソナリティの方が知り合いであるお陰で、あまり緊張せず収録できました。

 

 

聴き方の案内を忘れてた^^;

諏訪地域では通常通りラジオから。

それ以外の地域から聴取する場合、パソコンでこちら↓のページに入り‥

 

右上の「聴く」から聴けます👂

年末年始は10日ほど帰省しており、きょう戻りました。

 

その間にも、資料作りなど仕事はちょっとずつ進めていて

移動中の列車内や待合時間でも、メールチェックなどをやる。

 

憧れのノマドワーカー

公務員時代の末期から"場所を問わない働き方"がいいなぁ、と

漠然と思っていました。

 

2019年の転職を境に、

「決まった場所へ、決まった時間に赴く」から

「場所は決まっているけれど、フレックスタイム」という

働き方に変わり、ちょっと理想に近づく。

 

そして、2020年のコロナ禍を経て「場所も問わない」へ転換。

基本的には自宅だが、気分転換にコワーキングスペースも利用。

今も同じ感じでやってます。

 

今でこそ、官公庁もテレワークやサテライトオフィスが普及したけれど

それは、コロナ禍という外圧に後押しされた側面が大きいかと。

コロナより前に転身しておいて良かったと思います。

 

独立・開業と地方移住をした今、

かつて憧れだったワークスタイルは現実になっております^^

税理士という仕事も、これと実に相性がよい。

 

思うこと色々

まず当然ながら、WiFiなど通信機器が必要。
コワーキングスペースにはあるけれど、移動中は自前です。
 
私の場合は、事前に外出期間とタスク量を勘案して
テザリングで足りればそれを使い、不足ならギガ数を買い足すか、
ポケットWifiをレンタル。
 
注意ポケットWifiの場合、地域によって非対応エリアがあるので要注意。
  私の住む北杜市は「WiFiレンタルどっとこむ」が使えないことが判り、
  「ZEUS WiFi」としたことがあります。
 
あと、旅好きの私としては
"車窓の流れゆく景色"をどうしても楽しみたくて(笑)
 
外の天候や景色が良いと、仕事にならない時があります^^;
日没後や曇天のほうが、移動中の仕事は捗るかも。
 
今後は、屋外や自然の中でも試しにやってみようやしの木

あけましておめでとうございます龍

2024年がはじまりました

 

正月三が日の世の動きを見ていて

今年は前年にも増して、低浮上でゆったり生きようと思いました。

 

 

開業以来、色々なコミュニティに足を運んではいるものの

「営業をしている」という自覚は殆どありません。

自分を推さない(推せない)性分なので(笑)

 

その場を通じてふと繋がった方と、個別の軽い相談から入り

顧問契約ないし継続的な仕事になっていることが殆ど。

 

税理士紹介会社に登録して、とにかく契約を取りまくった同業者もいる

(払った紹介料は軽く千万単位とのこと)

 

私の場合は、性格上「誰でもOK」じゃないので

相手の人となりと事業内容を理解った上で、細くとも濃い関与をと願っております。

"喉元過ぎれば熱さを忘れる" ってことで、

すっかり過去の思い出になった税理士試験。

 

ちょうど今ごろ、年の瀬になると

来年に向けて頑張る人、まったりしてる人、様々だと思います。

私は勉強はやりつつのんびりして、緩急つけてました(笑)

 

そんな私の激闘の歴史はこちら↓

 

第62回(2012年) 不戦敗(卒業証明書が間に合わず)

第63回(2013年) 簿記論×

第64回(2014年) 簿記論× 財務諸表論○ 

第65回(2015年) 簿記論× 所得税法×

第66回(2016年) 所得税法×

第67回(2017年) 簿記論○ 国税徴収法○

第68回(2018年) 所得税法× 

第69回(2019年) 所得税法× 相続税法○

第70回(2020年) 所得税法○《官報合格》

 

順風満帆ではなく、8年かかっております。

そして、一度で合格った科目と、何回もダメだった科目のムラが激しいですねぇ

 

 

ではここからは、合格を目指している方々へ向けて‥

 

どうやったら合格できる??

この試験は「相対評価」(全受験者の上位12~13%が合格)であり

採点基準は頑なに非公表が貫かれていますが、

「傾斜配点」(正答率が高い所は高配点、低い所は低点数(最悪0点))でしょう。

 

なので、
・みんなできる易しい所=高配点=必ず得点しなければいけない
・誰もできない難しい所= 0点=できなくてよい
 
 
ここまでは、どの受験予備校も言っていることですね。
 
問題は、全受験者に占める、予備校別の受講生の割合です。
 
 
TAC」と「大原」が税理士試験の二大予備校
全受験者の大半が、二大予備校のいずれかで学んでいます。
 
そして、講師の方から直接聞いた情報によると
受講生の数は「大原」のほうが「TAC」に比べかなり多いとのこと。
(2020年時点の情報。おそらく今も大きく変わらないでしょう)
 
ということは、
・みんなできる易しい所=必ず得点しなければいけない
・誰もできない難しい所=できなくてよい
 
つまり、
・大原受講生の大多数ができる所=必ず得点すべし
・大原受講生の誰もができない所=できなくてよい
ということにならないでしょうか?
 

私が実際にやったこと

私はTAC受講生でした。
会計科目&ミニ税法はTAC教材のみで合格できましたが、
税法科目のうち所得・相続は、TAC+大原両校の教材を活用しました。
 
大原は5月の直前期になると
「模試パック」と呼ばれる、模擬試験の問題・解答が入手できるコースがあります。
 
これをやっておけば、TACのカリキュラムをこなしつつも
大原受講生が対策できている論点をカバーできることになります。
パック教材なので、本科に比べて料金も安く抑えられる
 
※実際に、大原では対策していたが、TACでは対策していないポイントが本試験で出題され
TAC受講生が討ち死にした年があったようです(第67回・相続税法)
そうした情報を目にして、難度の高い税法科目は、両校の教材を押さえることにした訳です。
 
 
さらに、大原の模擬試験では、配点箇所別の正答率表が配布されますね。
これです↑
 
採点後に配布されるこの表と、自分の答案を比較して
正答率が高い(60%以上)にもかかわらず落としてしまった所は
なぜそこを間違えたか、徹底検証&復習しました。
 
これにより、大原受講生の大多数が正解できる所を落とさない
もっと言うと、税理士受験者の大多数が正解できる所を必ず取る
に近付けたと思います。
 
 
思えば、4度もダメだった所得税法。
実力不足はもちろんのこと
高正答率=高配点になる基本的な所を、どこか一つ落としてましたね。
 
作戦が功を奏し、相続税法は一発で合格(←自分で言うけどこれ凄いと思う)
その翌年、苦戦した所得税法も、リーチ一発で官報合格できました。
 

結論

税理士試験は、基本項目を隈なく得点すれば、合格できる。

どこが基本項目かは、大原が公表する配点箇所別の正答率表で掴めます。

 
来年(2024年)に向けて奮闘している方々にとって、一つの参考となれば幸いです。

 

移住して1年ちょっと。

今年に入って、どういう訳か同郷の人と3人も出会いました。

 

なお、私は北海道室蘭市の出身です。

どの辺か口頭で説明するとき、いつも困るんだよね(笑)

 

内地の人(←これの表現がすでに北海道民)に

幾度も説明してきた経験を踏まえ

私はいつも「札幌より下・函館より上」と説明しています。

 

 

その① リゾート運営会社の社長(男性)

先日の記事でも触れましたが

たまたま経理事務で入ったグランピング型のリゾート施設

 

最初の面談で「代表は北海道登別市(室蘭のとなり)の出身ですよ」

と言われていたので、この時点でかなりの偶然。

 

そして、代表ご本人とお会いしたところ

何と出身高校が同じであることが判明!

(私と学年は9つくらい離れてるけどね)

 

もともと、千葉県長生村で第1号拠点を運営しており

今年4月に八ヶ岳で第2号拠点をオープンしたとのこと。

 

お父さんもお兄さんも社長をしている経営者一族だそうです。

 

その② ペンション管理人(女性)

10月とあるセミナーに参加

八ヶ岳によくあるイメージどおりの、お洒落なペンションが会場でした。

 

事前に知らされていましたが、ここの管理人の女性も室蘭市出身とのこと。

地元で結婚後、ご主人の異動で全国を転々とし

色々なご縁あって、八ヶ岳に住み始めたそうです。

 

後日ランチタイムで再訪した時は、超ローカルトークで話が弾みました。

 

その③ 街の飲食店にいたおじさん

12月、晩飯のため北杜市内のとある店に入った私。

野菜炒め定食を喰っていると、背後の会話が耳に入ってきた。

 

「●●さん、年末帰るよね。北海道のどこだっけ?」

「室蘭。」

「どの辺? 日高とか言ってたっけ」

「日高よりちょい西」

「帯広のほうかね?」

「違う、帯広は逆のほう」

 

ほらね。やっぱり室蘭は場所の説明が難しいのよ(笑)

 

振り返ると、地元のおじさんが、店のおばさんと

カウンター越しに話してた訳です。

 

勘定を済ませて、思わず声掛けましたよ

 

「あのー、室蘭って地名出てますね。僕も室蘭出身ですよ」

 

このおじさん、私の中学校があった町内に実家がある模様。

ローカルトークに花を咲かして、店を後にしました。

 

何でこんなによく会うのやら

おそらく単純に、あちこち色々なコミュニティに足を運んでいるからかと。

 

人口4,000万人超といわれる首都圏に20年近く住んでいたけれど

家⇔職場の往復で、人と接触の機会は少なかった。

 

かたや、人口4万人ぽっちの北杜市だけど

知り合いの知り合いが、一周回って知り合いという例が後を絶たず(笑)

狭い世間だとつくづく思います

 

‥いや、それだけではないな。

この辺の移住者は、私も含めて似通ったマインドの持ち主なので

引き寄せ合ってるのもあると思います。

(どういうマインドかは、こちらの記事を参照↓)

 

同じマインドの人に出会うことが、もはや当たり前になりました。

何か"役割"があると、確信に変わりつつあるこの頃ですグラサン

[10月]

赤岳阿弥陀岳に登頂

 移住から1年ちょい、ようやく八ヶ岳の最高峰に登れた!

 天気にも恵まれました

  

 

 

 

・寒川神社を参拝

 三峯神社に続き、会社設立した方とその仲間で弾丸ツアー。

 この頃、戸建物件を検討し始めていたため、偶然にも「不動産の神様」である神社を訪ねることに。

 

 そして、帰ってきて数週間後、自分に相応しい物件が本当に見つかりました(笑)

 

 

祝! 姪っ子ちゃん誕生

 

 今年(2023年)の嬉しい出来事トップがこれ

 遠方なので、会える日を楽しみにしています^^

 

[11月]

・ニンジン豊作、だがトマトが‥
 
 私の自給農の原点であるニンジン、今年もよく育ってくれました。
 
 だが、7月まで順調だったトマト
 洪水が畑を襲い、泥水に押し倒される悲劇に見舞われるえーん
 
 辛うじて生き残った枝を、半ば諦め気分で立て直して
 数カ月後‥
 
 
 
 
 見事に蘇った!
 洪水直後は壊滅状態だったのに、野菜の生命力の強さを痛感しました。

 

[12月]

・忘年会
 畑仲間、異業種交流チームなどで3回ほど。来年も同じ面子で楽しくやりたひ。
 
ラジオ番組に出演が決定

 守成クラブで知り合った方からお誘いが!

 LCV(諏訪市のコミュニティ放送局)10~15分間のミニ番組です。

 

 

 

 税のことより、自分の移住歴や開業話をメインに話そうかと。

 収録は年明け1月。2024年2月14日(水) オンエア予定です

 

 

・クリスマス&お誕生祝

 姪っ子ちゃんに発送

 生後すぐ~しばらく楽しめるということで、これを選びました↓

 

 商品の詳細ページはこちら

 

 

 

冬の八ヶ岳は、日中は暖かいが、陽が沈むとすぐ寒くなります (((°д°)))

皆さま、くれぐれも体調にはお気を付けて

[7月]

・法人設立に立会い

 起業する畑仲間(前回記事の5月参照)が法人登記を行うため、法務局へ随行。

 七夕の日にめでたく開業しました

 

 ちなみに、法人設立のための書類作成は「freee会社設立」でできます

 この方も、ご自身で入力・作成して、書類を整えました。

 

・リゾートで仕事をやってみた

 覚束ない収入を補うため(笑)、地元のリゾートが募集していた経理事務に応募。

 あっさり迎えられ、約4か月間続ける。

 スタッフが若く、内部管理もこれからというステージの会社ゆえ、

 経理のわかる人間として重宝頂く。

 

 なお、ここの運営会社のCEOが、私と同じ高校を卒業していたという、すごい偶然!

 (八ヶ岳で同郷の人と出会ったのは、実は他にもあります。これがその①

 

・じゃがいも&長ねぎ 大豊作

 写真のとおり。一人では食べきれないので、実家などにお裾分け。

   

 

 トマトもいい感じ

  

 

[8月]

・引っ越し
 移住して一年間暮らしたシェアハウスを退去、現住所に引っ越し。
 ここを自宅兼仕事場とする
 
三峯神社を参拝
 前月に会社設立した方とその仲間で、秩父にある三峯神社を訪問。
 「人生が変わる」「選ばれた(導かれた)人だけが行ける」らしい‥
 
 途中まで霧雨だったのが、お参り後に晴れるという不思議な体験をしました
  
 
・諏訪湖花火を鑑賞
 知り合いの紹介により、特別に船上から花火を見ることができました花火
 
 
・三度目のセミナー開催

[9月]

・地元の商工会に入会・相談員業務を始める
 「経営なんでも相談室」として、個人事業主・中小企業者の相談を承る。
 対面相談なので、これが一番勉強&経験になると感じています
 
・父の一周忌&祖母の三回忌で帰郷
 父が営んでいた事業は、店舗ごと第三者へ売却済み。
 せっかくなので、新しい担い手を訪ねてみたところ、実に良い方で大安心。
 店の外観も商品陳列も、生前とほぼ同じで生かされていました。
 (事業承継にあたっては、母と私で奮闘しました。詳しいことはそのうち記事に)
 

 

 

上半期で蒔いた種が、ようやく"刈りどき"を迎えた感じ。