【内容】コピーライトAmazon

『ヒーローになりたい方

お手伝いします!

が売り文句のヒーローズ(株)


夢を抱えて、働き、生きる依頼人

や同僚たち、それぞれの人生が

交差して生まれる絆の物語


読んだ後はきっと、自分にも

他人にもエールを送りたくなる


待望のシリーズ第二弾!



【感想】

先日の

の続編になります



正直、前作、本作とも感銘を

受けるまではいきませんでした


ただ、あとがきにあった「夢」の

話しが印象的でした




「夢」は届きそうで届かないこと

がほとんどであり、そんな中で

実現した数少ない夢も、手中に

収めた瞬間儚く消え去ってしまう


(達成できた喜びも、つかの間に

 消え去ってしまう)



そんな空しさが残るのが「夢」

ならば見なければいいのに、

それでも人は「夢」を見続ける


(否応なしに見続けてしまう)



コピーライト南海日日新聞 様


人って、一生泳ぎ続けなければ

死んでしまうマグロみたいなもの

ですね





※動き続ける象徴の一方で、
 動かない(女性の)象徴でも
 あるマグロは、一体どっちが
 本性なのか分からなくなって
 いる方は、クリックしていただ
 けると励みになります。

読書日記ランキング