ちょっと今から仕事やめてくる/北川 恵海【B2019-20】

テーマ:




【内容】コピーライトAmazon

ブラック企業にこき使われて

心身共に衰弱した隆は、

無意識に線路に飛び込もうと

したところを「ヤマモト」と

名乗る男に助けられた。


同級生を自称する彼に心を開き

何かと助けてもらう隆だが、

本物の同級生は海外滞在中

ということがわかる。


なぜ赤の他人をここまで気に

かけてくれるのか?


気になった隆は、彼の名前で

個人情報をネット検索するが、

出てきたのは、三年前に

激務で鬱になり自殺した男の

ニュースだった――


コピーライトミドルエッジ 様

【感想】

パワハラ・モラハラ、長時間労働

残業の慢性化など、いわゆる

『ブラック企業』が問題になって

います


政府は「働き方改革」と称して

これらの是正を企業に求め、

職場環境の改善を促しています




仕事をしている限り、嫌なこと、

辛いことはたくさん起きます


中にはハラスメントめいたことも

あることでしょう



そんな時ぼくは、


「ここは後の自分の成長のために

 グッと堪えよう」

と考えるのか?


「これは耐えられないハラスメント

 なので、しかるべき対処しよう」

※対処=訴える、逃げる、反撃
 するなど

と考えるのか?


その尺度がわからず、いつも

悩んでいます



辛いことから逃げ出すのは簡単

だけど、さりとて逃げてばかり

いては人の器の成長がない


その間に立って悩むのです



以前レビューした




では、仮に過去に遡って人生を

やり直せたとしても、

その後の自分の人生は

それほど変わらないらしいので、


そうであれば、

我慢しようが逃げようが、

その時の気分でどっちを選んでも

いいのかな?

と、お気楽な結論に至りました



ただ最低限「死」を考えるようなら

それは即刻逃げるべきでしょう




※ホワイト企業に勤めているのに
 日々辞めたいと思っている軟弱
 サラリーマンは、クリックして
 いただけると励みになります!!

読書日記ランキング