コロナ禍の舵取りは”朝令昼改” | 【インバスケット】鳥原隆志 公式ブログ

コロナ禍の舵取りは”朝令昼改”

おはようございます。

 

インバスケット研究所の

鳥原隆志です。

 

今日はジョギング

少し体が重く感じたので

思い切り走ってきました。

 

軽く汗を出しましたが

過ごしやすくなりましたね。

 

今日は

「舵取り」

です。

 

大阪ではだんじり祭りの

開催か否かで

多くの町が揺れ動いている

らしいと報道がありました。

 

 

全国の方からすると

こんな時期に祭りと思われる

かもしれません。

 

一方でだんじりだけではなく

多くの町の祭りや伝統芸能が

伝承の危機でもあることに

間違いないわけです。

 

一か月先はどうなっているか?

いや一週間先がわからない

変動の中での舵取りは

難しいものです。

 

 

判断とは

「やりたいこと」と

「避けなければならないこと」

の両面で天秤にかけながら

するものです。

 

やりたいことだけを

考えていくとリスクを見落とし

 

避けなければならないこと

だけを考えると

失うものもあるわけです。

 

こんな時は

細かいかじ取りが大事です。

朝令暮改ではなく

”朝令昼改”

を実行したいものです。

 

今週もスタート。

皆さんも素晴らしいかじ取りで

良い一週間にしましょう。