企画会議を通す人とダメだしされる人の違い | 【インバスケット】鳥原隆志 公式ブログ

企画会議を通す人とダメだしされる人の違い

おはようございます。

 

インバスケット研究所の

鳥原隆志です。

 

連休が始まりましたね。

オリンピックと重なり

かなり人の動きがありそうです。

 

私も感染対策は

しっかりとりながら連休を

楽しみたいと思います。

 

さて、今日は

「事前準備」

です。

 

昨日、出版の企画が

会議で通ったと編集者の方から

連絡を頂きました。

 

出版の流れは

企画を作家と編集者で

作りそれを出版社の会議で

承認されて初めて動きます。

 

昨今の出版不況で

この会議を通過する確率は

ずいぶん減ったそうです。

 

ですので、企画を練って

デモ原稿を書いても

企画会議で通らなかった

ということもよくあるのです。

 

 

ただ、今回の企画は

安心しておりました。

 

編集者の方の根回しと

事前準備が半端じゃなかった

からです。

 

ですから企画会議が通った

ということを聞くと

すぐに書き出せる準備を

こちらもしておりました。

 

 

このように出来る方は

会議を「決める場」と捉えて

いません。

「決まったことを確認する場」

と捉えているわけです。

 

会議前にすべてが決まっている。

この事前段取りはしっかりと

私たちもやっておきたいものですね。