出来る人は「一呼吸」入れている | 【インバスケット】鳥原隆志 公式ブログ

出来る人は「一呼吸」入れている

おはようございます。

インバスケット研究所の

鳥原隆志です。

 

ここ数日いろんな方と

お話しました。

 

ほとんどがオンラインですが

人と話すと刺激があり

そこから発想が湧き出しますので

大好きです。

 

さて、今日は

「一呼吸入れる」

です。

 

昨日出版社の編集者の方と

新企画の打ち合わせをしていました。

 

編集者の方によって

どんな本を作るのか、

という傾向があります。

 

だからご一緒に仕事を

したことがあると

わかりやすく話も進みやすいです。

 

 

その中で「5秒」という

キーワードが出てきました。

 

私の本でも

「たった5秒思考を変えるだけで~」

という本がありましたが

私は5秒は魔法の時間だと

思っています。

 

 

何か行動を起こすときに

5秒考えるというプロセスを

入れると結果が大きく変わります。

 

例えば部下に注意をする時も

感情的にならないように

5秒考えてからやります。

 

すると、冷静な行動が

取れるわけです。

 

昔から「一呼吸おいてから」

という言葉が使われています。

 

大きく呼吸を吸って

吐くとだいたい5秒。

 

新鮮な空気を頭に送り込み

物事をクリアに捉えてから

行動に移すということは

大事なことです。

 

今日も一呼吸おいてから

行動ととってみたいと思います。