役所仕事から学ぶこと | 【インバスケット】鳥原隆志 公式ブログ

役所仕事から学ぶこと

おはようございます。

 

インバスケット研究所の

鳥原隆志です。

 

週明けから大荒れですね。

 

この時期は台風が来るのは

分かっていますが

週のスタートに首都圏直撃とは・・・

 

ペースを崩された方も

多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

さて、昨日は取材をしました。

私が取材を受けたのではなく

私が取材をしました。

 

現在公的機関向けの

インバスケット問題を作っています。

 

本やネットなどで情報を

集め問題の大枠は出来ましたが

まだまだリアル感が出ません。

 

 

そこで現職の公的機関にお勤めの

かたに取材をさせて頂きました。

 

 

その取材の過程で感じたのは

公的機関と民間企業の違いです。

 

 

違いといってもどちらが悪い

ということではなく

お互い学びあえばもっと

良い仕事ができるという意味です。

 

 

例えば、公的機関の仕事の

進め方から学ぶこと。

 

・調整能力

 議会の前に関係者に根回しをして

会議ではスムーズに決定させる

 

・計画能力

 10年の計画が骨子で5年ごとに

見直し、その計画を確実に実行する。

 

・洞察力

 市長や議会の選挙などで

今後の方向性が大きく変わる

前提で仕事を進める・・・・など

 

この問題が出来れば

公的機関の方だけではなく

民間の方にも是非挑戦して

頂きたいと感じました。

 

では台風一過のように

仕事もすいすい進めて

行きましょうね。