適度な距離感 | 【インバスケット】鳥原隆志 公式ブログ

適度な距離感

おはようございます。

 

インバスケット研究所の

鳥原隆志です。

 

本日の天気は晴れ。

 

5日ぶりの青空の朝です。

 

昨日は知床クルーズに

乗船しましたが

高波で途中に引き返すことに。

 

多くの方が船酔いされて

いました。

 

そのあとの便はすべて欠航に

なった様子。

 

知床クルーズに

参加される方は2・3日余裕を

持たれるといいですね。

 

 

昼からは釣り歩き。

 

蝦夷メバルの猛襲に

会いながらも

ようやくカレイに出会いました。

 

 

カレイは砂地ならどこにでもいると

思っていましたが

ほんのわずかの領域に密集しています。

 

広い湾内でも一か所か

二か所とも言われています。

 

たまたま掘り当てたポイントに

投げ込むと次から次へと

強烈な当たりがあります。

 

 

最後に行った港は

知床半島最西端の漁港です。

 

世界自然遺産の中での

釣りはなにやら異空間での

ひと時でした。

 

帰り、キタキツネを

見かけました。

 

人慣れしているのか

逃げる様子もありません。

 

ここではえさやりは厳禁。

 

車にひかれたり

人にばい菌をうつすなど

結果的にそのキツネは生きていけません。

 

適度な距離感が必要なわけです。

 

私たちも職場での人間関係は

壁を作るわけでもなく

といって、べたべた近づくでもなく

適度な距離感を持ちたいものです。

 

 

ではよい一日を。