遠いところで考えること | 【インバスケット】鳥原隆志 公式ブログ

遠いところで考えること

おはようございます。

 

インバスケット研究所の

鳥原隆志です。

 

本日の天気は曇り。

明け方まで雨だったようで

アスファルトは濡れています。

 

まだ外に出ていないのですが

窓からは漁港と

その上を旋回する無数の

カモメが飛んでいます。

 

朝はカモメの鳴き声で

起きれそうです。

 

 

 

昨日は網走から

知床まで移動。

 

まあ、いつまで走っても

到着しません。

 

生きている間に

日本の角っこは

すべて制覇しようとしていますが

知床はやはり遠いです。

 

 

付いた先で

ルアーを投げると

ぐんぐんと引きます。

 

蝦夷メバルと呼ばれる魚。

一投一魚確率で釣れますね。

 

 

今日はさらに知床岬の先で

ルアーを投げてこようと思います。

 

 

釣りをしながら

風景を見ていると

遠いところまで来たな、

とふと思いました。

 

遠いところだからこそ

いつも考えていることが

別の角度で見れます。

 

経営、人の成長、

インバスケットのこと・・・・・

 

休みが終わり仕事に戻ると

台風の渦の中で考える状態に

なるので、

渦の外でしか考えられない

ことをしっかりと考えておきたい

と思います。

 

 

皆さんもよいお盆をお過ごしください。