深掘りする技術 | 【インバスケット】鳥原隆志 公式ブログ

深掘りする技術

おはようございます。

 

インバスケット研究所の

鳥原隆志です。

 

本日は梅雨空ですね。

でも昨日よりは明るいようです。

 

ジョギングは直線道路を

快調に走ってきました。

 

ひんやりとして気持ちのよい

朝ですね。

 

 

 

さて、今日は

「深掘りする技術」

について考えてみましょう。

 

 

昨日は新教材の

開発会議です。

 

開発のメンバーから上がってくる

教材をチェックし、世の中に

出すかどうかを決めます。

 

その過程で指摘したのが

「浅さ」

です。

 

浅さとは突っ込まれても

答えられない状態を言います。

 

教材でも講師でも

何かを語るのなら

その内容を十分に深掘り

しなければなりません。

 

深掘りしていない内容は

聞いていても浅さが

伝える側にわかります。

 

 

私は以前研修のネタで

お話していた

「神子田米」

があります。

 

これは実際に現地に見に行き

それを広げられた方にあって

話をお聞きしました。

 

だから、自信をもって

お伝えできるのです。

 

 

今日はいつもより少し

深掘りしてみてはどうでしょうか?