いなわら亭料理人・Commyの本日のお品書き
  • 18Jul
    • 2018・夏の流行[果物だけで作る酵素ドリンク]

      「酵素ドリンク」って流行ったよね。今でも流行ってんのかな?果物なんかと砂糖を入れてスタートさせる、自然発酵ドリンクですな。乳酸菌だの酵素だのが美味しくとれる…っちゅー。わたしは砂糖をできるだけとらないようにしてるもんで、自然発酵には大いに興味があるものの、この「砂糖をスターターにする」というのがとてもイヤンだったんでしたん。でも、ある日「果物だけで砂糖なしの酵素ドリンクが作れる」…。…っちゅーことを知って、かぜん興味が湧いたのです。作り方は簡単。可能な限り農薬の少ない、減農薬やオーガニックのものを使って、皮を洗いすぎないように洗う(ここ大事)。洗いすぎると表面の常在菌が流れちゃうんで、水に20分くらい漬けて、ゴミや汚れを落とす…くらいのイメージで。ベリー類なんかの農薬が厳しめのものは、重曹水に漬けてもいいかと。りんごや柑橘類はノンワックスのオーガニック推奨。大きい「材料」は、瓶に入る程度に切っちゃって。それらを綺麗に洗って乾かした瓶に入れて水を注ぎ、あとはフタをして常温で保存するだけ。菌を殺しすぎると発酵しにくいので、わたしは使う瓶は食洗機を通して熱いお湯で洗ったものを、よく乾かすだけにしてます。今回はいちごで作ってますが、量的にはいちご1/3パイント(150g弱)に水は1QT(1リットル)くらいの割合。水の量は、瓶の口より下になるように。そうしないと、発酵した時にブワーーーっとあふれちゃうので、瓶の肩より下が目安。わたしはスターター代わりに、自然発酵で作られたアップルサイダービネガーを小さじ1杯くらい入れました。発酵を開始したら、1日に1回、ガスを抜くのにフタを開けます。初日〜3日目くらいはほぼ反応がないんだけど、4日目くらいから、フタを開けると「シュッ」と音がするようになります。これが発酵のお知らせ。日にちが経つごとに、瓶をゆらしたりすると泡が見えるようになって、フタを開ける時に炭酸みたいにシュワーーーっとするようになります。こうなったら、飲み頃。お好きな状態までシュワシュワを増やしますが、一時ぐ〜んと増えたシュワシュワは、ピークを迎えるとおさまってきます。おさまってくると、次はお酢の段階へ行っちゃうんで、酸味やシュワシュワ具合がお好きな頃を見計らって飲みます。冷やすとシュワシュワは弱くなります(常温に戻すとまた復活する)。そのままでもフルーツの自然な甘みがあって美味しいし、ハードリカーを割って、カクテル風にして飲んでも!使う果物と季節によって、このタイミングは変化するので、日々めんどうをみてあげるのがコツ。いちごは夏の室内で5日ほどかかったです。しかしながら、自然発酵は常に、腐敗の可能性がありまっす!!ちょっとしたことでバランスがくずれちゃうから、口にしたときの印象は、どうか大事に。少しでも苦い、酸味が強すぎる、匂いが良くない(安全なら、使った果物の香りがします)、などの不快感を感じたら、口にしないことをおすすめ。瓶の表面もよく観察して、不純物が浮いたり、濁ったり、変色していないかなどを、しーーっかりとチェックしてちょ!!用具の消毒までふくめて、あくまで自己責任で!でも、うまく行ったときのドリンクは、本当に美味しいよ〜。シュワッとした感じも夏にはぴったりだし。ちょっとの量から、やってみらんですか?果物の皮からでもできちゃうんで、食べたあとの皮と種周りを使ってもOK。失敗しても惜しくないものから初めてみるのも、いいかもですよ!

      4
      テーマ:
  • 11Jul
    • 【日ごろめし】冷やし中華はじめました

      あ、タイトルで説明が終わっちゃったんですけど、ま、そういうことっすわ。インスタを見てくれている人の中には「いつもと背景が違くね?」って気づいちゃった人もおられるでしょうが、ココ、キッチンなんすwwwこの派手な柄のは、ランチョンじゃなくって、ドライマット。あのー、洗った鍋とかのっけて乾かすやつ。この日の少し前から、アメリカ東海岸はずーーーーーーーーーっと熱波が来てましてね。あんまり暑いんで、クーラー入れてるキッチンでごはんを食べてたんですのん。支配人も出張でひとりだったしね。わたしは冷やし中華の具はスタンダードなのが一番好きっす。ハム、錦糸卵、きゅうり、トマト、紅生姜ね。あんまし高級感があるのとか、変わり種は好きじゃない。ここに入れるとしたら、この日は入れなかったけど刻んだネギくらいかなあ。今日のトマトがちょっと黒いのは、黒っぽい色のエアルームトマトだから。最近、中華生麺がWhole Foodsで買えるようになったんで、中華麺メニューが増えましてね。でも、この写真の麺量は、一人前の半分っす。「さっちゃん」だからねwww一食につき、半人前弱しか食べられないのっす。タレは自作するよ。酢醤油タイプなら、スープか出汁に、醤油、ごま油、塩少々、オイスターソース、酢で味付けするだけ。甘いの嫌いだから、甘みはほぼ入れないんだけど、酢の酸味をおさえるのにメープルシロップをすこーしだけ。あんまし酸っぱいとむせちゃうからねwwwwごまダレなら、すりごまとタヒニ(練りごまでもOK)を混ぜたところに、酢&醤油少々、気分で味噌で味付けして、スープか出汁(なければ水でもOK)で適当にのばす、で終わり。辛くしたければ、食べる時にラー油をたらせばOK。簡単っしょ。市販品のあのベタッとした甘さがないんで、食べやすいっす。あ、でも、支配人はごまダレのほうが好きなんで、こんど作るときにはごまダレだろうなー。

      3
      テーマ:
  • 07Jul
    • 【日ごろめし】気抜け鉄火丼

      出た、きましたよ、ダサいごはんコーナー!!!何故かごく一部に共感を呼んでいる、この「気抜けごはん(by:高山なおみさん)」。今日は、コレ!!!!鉄火丼(ミニ)!!!!!うん、ダサい!!!!この日はですね、ファーマーズ・マーケットの日だったんよ。でね、いつものお魚屋さんにマグロが入荷するっていうからさ、予約しておいたん。このブログをずっと読んでてくれる人は知ってるだろうけど、この「お魚屋さん」は、隣の州の漁師さんなんよ。近海もののお魚を一本釣りして売ってくれるんだけど…。そう、一本釣りしてるってことは、大きいお魚はないんすね。なので、この日のマグロ(キハダマグロ、英語だとイエローフィン・ツナ)も、可愛いサイズ。切り身の大きさからして、全長1mちょっとくらい?その可愛いマグロちゃんに、これまた近くの島でとれる名物のホタテちゃんを合わせて、ランチに海鮮丼を楽しんだんでした。ちゃーんと酢飯も作って、庭からまだあんまり大きく育ってない紫蘇も間引いて使ってね。ところが、このところのわたしは「さっちゃん」を地で行く少食になってるんで、マグロのお刺身が全部食べられなかったんすwwwwさて、どうしよう。こんな少しのお刺身、何かに転用するっていっても、なんだかしみったれた感じになりそうだし…。もう少し細くして、わかめやネギと合わせて「ぬた」にしてもいいけど、酢飯もちっと残ってるから、酢飯となんとか……。…てな具合に考えてるうち、ひらめきましたよ!お刺身をちょっと膾皿にとって自家製のめんつゆをひたひたに、そこへお醤油をもう少し足して、ヅケにしちゃったんでした。あとは冷蔵庫に入れておけば、夕方にはマグロのヅケのできあがり!それをーー、これまた残ってた紫蘇と一緒に、残りの酢飯の上に載せたのが〜〜この「気抜け鉄火丼」。ヅケにしてるから、お醤油なしでいけちゃう。紫蘇で酢飯とマグロをクルッとしてお口へ入れれば、シャープな紫蘇の香りがヅケの甘さによく合って、これが大正解!!あ、右上にチョロリしてるのは、練りわさびです。これもお昼の残り。わたしはチューブ入りが嫌いなんで、わさび粉を練って作るんだけど、色がイマイチなのは否めないwwwしかも、夜の写真なんで黄色が強めにかかってるから、なんだか練りからしみたいにも見えるwまあ、実はマグロのお刺身って、練りからしとお醤油でいただいても美味しいんだけどね。特に、中おちみたいにちょっと脂がのってるトコなんか、かなーり美味しいよ。築地の定食屋さんの名物にその「中おち定食」があるんだけど、そこはもう最初から、わさびでなくて「練りからし」がついてくるんよ。他のお刺身定食はわさびなんだけどね。最初は「え〜?」って思ったけど、これが中おちにはよく合ってて美味しいのよ!今度、ちょっと脂ののったマグロを食べる時に、やってみてね!!

      2
      テーマ:
  • 02Jul
    • ブルックリンで京寿司を

      ちょっと前から噂は聞いてて、面白そうだなー…と思ってたのが…。ブルックリンには店頭で良質な地魚を売りながら、店内で定食も提供しているお魚屋さんがある。…っちゅー話でしたん。実はちらっとお店の前を通ったことがあったんだけど、その時は既に予定があって行けなかったんす。そんなある日…。そこの系列で、ブルックリンにて「京寿司」を出しているところがある、と。支配人がネタを持ってきたわけです。それがかの「OSAKANA」の近所(同じストリート)の「OKOZUSHI」。京寿司っちゃー、箱寿司、太巻き、鱧寿司なんかのことだそうで。「OKOZUSHI」が出してくださるのは、お醤油を使わなくても食べられるよう、お魚に仕事をしたり、合わせる具材に味をつけたりと、工夫をこらした綺麗なもの。この「具材」の組み合わせが面白くて、やっぱりNYだなー、ブルックリンだなーって感じなんですのん。わたしと支配人が訪れた少し前には、リコッタチーズがのった手まり寿司があったそうで、もう、どんな味なのか想像もつきませんわwwこのお店、予約は一切受けないウォークインのみ。しかも、席はカウンター3席、テーブル3つの全部で9席しかないんす。なので、ランチタイムの開店12時前には、もう行列が。わたしと支配人は5人目と6人目でセーフ。メニューは3つしかないです。「箱寿司+手まり寿司」の盛り合わせ、「箱寿司+手まり寿司+手巻き寿司」、そして「箱寿司+手まり寿司+手巻き寿司+刺し身」、だけ。どのコースもアラ汁がつくけど、上記のメニューのほかは、粉茶しかないです。んで、オーダーを受けてから作ってくれるんで、お皿が出てくるまで30分はかかります(本当)。そんなわけで、ランチタイムは初回で入れないと、1時半くらいまで席が空かないんでご注意。お店自体はランチタイムから夜10時くらいまでずっと開いてるんで(アイドルタイムなし)、変な時間に行けば座れそうではありますが。時間のないときには、絶対に行ったらいけないお店ですわwwwドリンクはBYOBで、近所のナチュラル系のデリで扱ってるビールやワインなんかを持ち込めます。なんや、事前に読んだレビューでは「接客が最悪」みたいのがあったんですが、わたしたちがお訪ねした時は全くそんなことなし。席につくなり、ビールをあけてテーブルにあったグラスでガンガン飲みはじめたわたしたちに、サーバーの姉さんが、別のグラスで水を持ってきてくれましたwww「ああっ、すんません、勝手に使っちゃった!」と謝ったら…「いいのよ〜、今日は暑いもんね!」って笑顔で返してくれました。なんだ、親切やん。わたしたちが頼んだのは、真ん中の「箱寿司+手まり寿司+手巻き寿司」。まず出てくるのは、箱寿司+手まり寿司。箱寿司のベースは夏なので鱧だそう。き・れ・い!!!!この中でとっても印象的だったのは、鮪の赤身+醤油麹の手まり、小柱+酢味噌+ミントの手まり、ブルーチーズがのった箱寿司、桃と紫蘇がのった箱寿司……そして、浅漬け!!!この浅漬がポリポリと歯ごたえがいいのにしょっぱくなくて、いくらでも入っちゃうwww紫キャベツ、人参、ゼフィール・ズッキーニ、アスパラガス…なんだけど、色がそれぞれ冴えていて色移りもなくて、酸味はまったくないタイプ。言ってみれば野菜の昆布締めみたいな感じで…これは面白かった。食べながら「どうやったら再現できるか」って真剣に考えちゃったっすwwwシャリはややかためで、ちと酸味がきいてるタイプ。これ以上かたいと噛むのがしんどいけど、ギリッギリ許せる範囲。このくらいでないと、箱寿司にできないんでしょね。握りでこのかたさだと、ちょっとキツいけど。箱寿司+手まり寿司のお皿がほぼ空になる頃に、手巻きがきます。手巻きはまあ、普通。海苔がもっと美味しかったらいいのにな、と思ったわ。ちょっと噛み切りにくかったのと、風味がやや薄い感じで残念。まあ、アメリカでは美味しい海苔ってほんとに難しいんで、ここはぐっとガマンでそ。わたしはおむすびの海苔、日本から持ってきてるもん。シャリがかためなんでよーく噛むせいか、お腹いっぱい。アイディアいっぱいのお寿司、とっても面白かったし、美味しかったですわ。NY…っていうか、イケイケのブルックリンだなー…って感じでよかった。まぐろ+醤油麹、ミント+酢味噌なんて、すぐにでも家で真似できそうだし、とってもインスパイアされたです。季節が変わった頃に、また行きたい!!!あ、このお店、現金NGで支払いはクレカのみです。珍しいパターン?だと思うんで(逆はよくある)、追記しとくわ。

      3
      テーマ:
  • 26Jun
    • 坂本蕎麦

      「こんにゃく蕎麦」って知ってる〜〜?最近の糖質制限ブームで認知度が高まってきたみたいなんだけど…。要はお蕎麦にこんにゃく粉をまぜて仕上げてあるやつです。寒天を混ぜてあるやつもある。わが家はこれを、こんにゃく蕎麦づくり80年余、という老舗の「酒井製麺所」さんからまとめ買いして食べておるんですが…。このお蕎麦、かの「世界の坂本」が日本からNYへ大量に取り寄せて召し上がってらっしゃる…というのでも有名なんですわ。かつて「家庭画報」の特集で、坂本さんの平素の食事を追う企画があったんですが、そのときにもちゃーんと登場してました。その「製品のしおり」に、おすすめの食べ方として載ってるのが、坂本さんが愛好なさっているという「納豆蕎麦」。坂本さんの名前は出ておらず、「芸能人が〜」みたいな書き方になってましたが。作り方はすんごーーーく簡単!茹でてしっかり冷やし、水気を切ったこんにゃく蕎麦の上に、といた納豆、大根おろし、刻みネギ、海苔をトッピングし、めんつゆをかけて食す。こんだけ!!!!ハイ!わが家はよく、玉子も落としてズルッズルにしちゃうwww名付けて「坂本蕎麦」!!!!冷たい蕎麦に具を載せてつゆをかけるだけなんで、作る上でコレと言ったコツも注意点もないんだけど、納豆はタレではなく醤油で軽く味付けするのがおすすめかな。わたしは自家製めんつゆを使いますが、これはまあ、市販のものでもできなくはないかと。このこんにゃく蕎麦、温かいつゆで食べるより、冷たくして食べるのがおすすめなんだそう。確かに、あの食感は「かけ」にするとちょっと微妙かも。もちろん、こんにゃく蕎麦でなくて普通の蕎麦でも美味しいメニューなんで、暑い日のスタミナ食に、いっちょやってみんですか。めんつゆを昆布だし&椎茸だしで作って玉子を落とさないでおいたら、ビーガンにもなるのが、これまたいいでしょ。玉子OKなベジの民は、落とすもよしです。あ、そうそう、大根おろしはおろしてから15分が経過すると酵素がなくなっていくんで、おろすタイミングは慎重にね!わたしは蕎麦が茹で上がって、冷やしてるタイミングでとりかかるです。せっかくですもん、納豆の発酵と一緒に、酵素もしっかりとっちゃいましょ!大根おろしの酵素で暑さで疲れた胃をいたわり、ビタミンCと玉子と納豆のタンパク質で夏バテ防止!でっす!!!

      4
      テーマ:
  • 19Jun
    • Le Son Intemporel

      NYを拠点に活躍中の「表現師」三宅由利子(みやけ・ゆりこ)さんが脚本・演出・出演をされた「フィジカル・シアター」、「Le Son Intemporel〜La Portance du Son〜」のレセプション・パーティにて、「いなわら亭」がフィンガーフードを出させていただきました!!!三宅さんとコラボしたのは、昨年の12月に「坂本龍一・設置音楽コンテスト」で入選してワールド・デビューを飾った音楽ユニット「Co-Sonus(コソノス)」。三宅さんの脚本に合わせて「Co-Sonus」が音を奏でながら場を作り上げ、そこへ三宅さんが抜群の表現力で身体表現&演技を加え、観客へ物語を伝えていく…。っちゅー、大変にゴージャス極まりない「一夜限りの舞台」でしたのん。「Le Son Intemporel」とは「The Timeless Sound(時のない音)」って意味ですの。いろんな意味合いがミルフィーユのように重なり合った、素晴らしいストーリーでした。三宅さんご自身による、この件のブログはこちら!わたしは当日、受付とレセプションの準備で舞台は全く観られず…。実は公式に録画してあるので、それが仕上がってくるのを楽しみにしてるトコっす。当日のお料理はこんなでした。あっちゅーまに消え失せたんで、この写真しかないwwパーティが終わるころにはスッコーンと何もなくなって、非常に嬉しかったです。繰り返されるリハーサルにもずっと参加して、裏方として支えてきた舞台だったんで、本当に感無量でした。三宅さんとCo-Sonusの未来に、幸あれ!!参加させていただき、とーーーっても嬉しかったでーす!当日にご参加いただいたみなさまにも、心より御礼申し上げまっす!現場からは、以上です。

      3
      テーマ:
  • 14Jun
    • 【日ごろめし】かっぱ気抜け巻

      お昼ごはんで作った酢飯があまりました。あまりましたぁ〜〜〜〜〜〜〜からの〜〜〜〜〜!かっぱ手巻き!!!!!……ダサい!!!!んなこたぁわかってるよっ!!!!!練るのがめんどくさかったから、わさびだってないさ!!!!ヽ(`Д´#)ノでも、きゅうりはおおまかに千切りにしたよ!このくらいのほうが歯ごたえがあっていいんだっ!!おおよ、白ごまだってふってあるっ!!海苔はお寿司屋さんでいただいた高級海苔だし、お醤油だって限定品のお高いやつだし、酢飯は野田琺瑯の容器に入ってるんだ!オシャーリーやろう。(๑• ̀д•́ )✧ドヤッしかし、そういうオシャーリー・ポイントがあるにもかかわらず、どうしても隠しきれないこのダサいイキフン!!それが「おうちごはん」っていうか、高山なおみさんの仰るところの「気抜けの味」というやつだろう。うん、そう思う。名付けて「かっぱ気抜け巻」。……普通に、っていうか、妙に美味しいんよ、コレが。実は、酢飯があまるとやらかしてたりしますwwwwwwwwwwちなみに、ビールを飲みながらいただきました。支配人は海苔だけをおつまみにして飲んでおりました。今週もまた酢飯を作る予定があるんで、ちょっと多めに作っちゃったりするんだろうな、わたしwwwきゅうりを買っておかなくちゃいかんですたい!

      3
      テーマ:
  • 07Jun
    • 初夏のサンデー・ブランチ

      …おお……。なんや、おシャーリーなタイトルじゃ…。こみさんのブログとも思えんが、ホントのことなんで仕方がないwいつもはできるだけ、わが家的な「メインのごはん」であるお昼ごはんは家で食べるようにしてるけど、このときの日曜はちょっと事情があって、お昼時に外出したんでした。しからば、と、以前はディナータイムに訪問したレストラン・バーへお昼ごはんを食べに行ったのです。おお、珍しや。お店はちょうど、日曜のブランチタイム。メニューの数は限られてるけど、どれもいい感じ。このお店は、イタリアン。窯焼きピザと生パスタが美味しい、気軽な雰囲気のところ。ディナーに来たとき、ピザとパスタがかなり美味しかったので、お昼ごはんにも来てみた…という次第。ピカピカのお天気ゆえ、ひさしがある外のテーブルをお願いして、まず選んだのは「ブレックファスト・ピザ」。お供は「ブランチ価格」で半額になってたボトルの白ワイン。ピノ・グリージョを爽やかにチョイス!ピザはブルックリンあたりで食べられるものと同じ感じの「クラストが薄めだけど生地が発酵してる」タイプ。ちょっと食べ口がフカッとしてるんだけど、パンピザみたいなごっつい感じじゃなくて、発酵生地ならではの食感があるやつ。トマトソースを広げたところに、生ソーセージをケーシングから出したものをランダムにポンポンっとのせて、そこへ玉子をふたつ。ピザを手に取ると、チーズと半熟の黄身がとろ〜〜〜〜り。この、玉子の状態がものすごく好み!!!ブルックリンの人気店で食べた玉子系のピザより美味しい!!!!もうひとつは、ブランチの定番「エッグ・ベネディクト」。ここんちのは、バゲットがベースになってました。パンの上にポーチドエッグ。そしてオランデーズソース。そこへ更にのっかってるのは、ふだんのメニューで「肉系おつまみ盛り合わせ」に使ってるハムとみた。このハムがなかなかのお味で、この塩加減が全体をよくまとめてる感じ。付け合せはコロコロサイズのフライドポテトと、アルグラ(ルッコラ)のサラダ。ボリュームありそうだけど、わたしがほぼ食べきったくらいなので(支配人のピザをひとつもらってエッグ・ベネディクトと交換した)、大したことないです。でね。わたし、エッグ・ベネディクトって昔から好きなんだけど、なんでだかわかったわ。オランデーズソースがかかったパンが、甘くないフレンチトーストみたいで好きなんだわ。甘ものが苦手なわたし、フレンチトーストを自作するときは、極限まで甘みを抑えるタイプでして。ここんちのバゲットベースなやつの場合、オランデーズソースと半熟の黄身汁がパンにしみて、時間が経つと実にフレンチトーストなんですわ!!!おぉおおぉ〜〜〜〜。とはいえ、「エッグ・ベネディクトは外食で食べるメニュー」設定のわたしとしちゃ、コレ、いくら好きでもここ数年は「量が多すぎ&オランデーズソースが重すぎて食後にもたれちゃうから」…と敬遠してたメニューなんですん。しかーし、この日はメニューの少なさもあって、他に惹かれるものがなく…。支配人が「多かったら残せばいいよ」って言ってくれたんで、選んでみたんでした。結果、見事に完食。軽めの仕上がりになってるここんちのなら、たまに食べたいかも。たっぷり語って、ワインもしこたま楽しんで、楽しいお昼ごはんでした。また行こっと💖

      2
      テーマ:
  • 05Jun
    • こみさんのかっぱ巻き

      緊急かつ弾丸で日本へ出張に行っていた支配人。聞いてるほうが疲れそうなスケジュールを見事にこなして帰国。この、美味しいものと一緒に。太巻きちゃんと鯖の棒ずしちゃん。実は、これ、持ち帰るためにアメリカから保冷剤を持参していた…っちゅー、非常に計画的な犯行なんよwwwさらに、保冷バッグも日本で入手したっちゅー、念の入れよう。しかも、作ってくださったときにラップでしっかり包んでもらってたので、乾燥なんぞとは無縁。作ってから半日以上が経過してようとも、しっとり肌の美人さん。その上、実は作ってから少しおいてよ〜くなじんだほうが美味しいものなんで、支配人が飛行機に乗ってる時間イコール「熟成期間」。一挙両得ってやつですわ。この子たちを作ってくださったありがた〜いお店は、横浜市は保土ヶ谷駅から歩いて30秒(本当)の「千成鮨」さん。支配人はわざわざ、帰国日のお昼にお店に立ち寄り、ランチがてらこの子たちを貰い受けに行ってくれたんでした。愛だよなあ、愛。そもそもが手間ひまかけて愛情かけて作ってもらってるお寿司だから、運んでくれる人の愛まで入っちゃったらそらもう、ごちそうです。大ごちそうです。そのせいか、ふたりでいただいても食べきれず、翌日にもう一度、いただきましたの。とっても研究熱心で素晴らしい腕前をお持ちの大将と、細やかな気配りでゆったりリラックスさせてくれる女将さんが作る空間は、美味しいものをいただくためのもの。アットホームだけどいい加減じゃない、気持ちのいいお店です。日本酒も面白いものが揃っていて、レアものもバッチリ!!いつも特に注文はせず、おまかせにしちゃうんだけど…。唯一、うるさーくディレクションして作ってもらったのが、コレ。「こみさんのかっぱ巻き」。わたしはシメにかっぱ巻きを食べるのが「マイルール」なんす。どこの寿司屋でもやる。回ってる寿司屋ですらもやる。こいつは、わたしが「美味しいと思う条件」をすべてそろえてもらった(わさびの量まで注文つけたww)、カスタム・かっぱ巻き。美味しいのなんのって…。「世界一のかっぱ巻き」認定ですよ、こんなもの!!!!(´Д`)「ほどがや 千成鮨」…。本当は教えたくないけど、お店の繁盛を願って、教えちゃる。横浜市にリーチできる人は、とにかく行ってみたらいいから!!!美味しいよ!!!!↑子どものようなレコメン

      8
      テーマ:
  • 30May
    • 【日ごろめし】隠れてないオムライス

      はい、やってまいりました、ダサいごはんを紹介するコーナ〜〜。……身もふたもない………( ´Д`)わたしはひとりごはんの時、かなりの頻度で登場させるメニューがあるんですわ。ありゃせんですか、そういうの??家族は取り立てて好んでくれないから平素はちょっと作りづらいけど、自分はかなりビンビンに好きで、何なら一週間に一度は必ず食べるっていうルールでいいくらいだから、ひとりのときはここぞとばかりに作っちゃうメニュー、って。わたしは、あります。それが「ケチャップもの」。とはいえ、市販のは甘く感じるので、苦手。ぶっちゃけ、「煮詰まったトマトソース味」が好きなんでしょね。しかも、だよ。ハンバーガーやホットドッグなんかにケチャップを使うのは嫌いで、ケチャップライスかナポリタンにしたときだけ食べる、という偏執っぷり。砂糖をとらないようにしてからは市販のケチャップはほとんど全滅ですが、オーガニックのアガヴェを使用しているものを所持してます。本当は、日本の自然食品店とかで売ってる、砂糖(甘味料含む)完全不使用のを使いたいんですが(アメリカでは本当に見つからない)、使う回数が非常に少ないので「たまには」ってことで自分に許可。というわけで、支配人が出張中だった間、やっぱりやらかしましたん。「ケチャップライス+玉子焼き」要はオムライス。…なんだけど……。食べられる量が少ないんで「玉子たっぷり」とはいかず、ライスがちっとも隠れてねえwwwwwwwwwww( ´Д`)いや、でもね、ほれ、手は抜いてないのよ。ケチャップライスはちゃんと「チキンライス」なんよ!マッシュルームだって玉ねぎだって入ってるんよ!!!玉子は半熟だし!!!!トロッとしてる部分がちゃーんとありますわ!!!!!美味しかった!!!ああ、美味しかったともさ!!!!!!ひとりでしみじみとパクつきましたよ!!!!ぬか漬けのきゅうりだって添えて、乳酸菌補給も怠らんですよ!!!ちなみに、これでも全部を食べきれず、夜にもう一度食べました…。あ、使った玉子は「1個」です。ごはんは小さめのごはん茶碗に少しだけ大きく盛りました。俺のこと、「サッちゃん」って呼んでいいよwwwww(;´д`)

      7
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス