国家の品格…カジノ法案に賛成している下品な奴ら・しかし、日本人の99%はカジノには無縁になります。・雑草園芸家…コモチマンネングサ、イナリキンボシ

 

★…熱風に耐えて今年も綺麗な多肉の雑草

 我家のベランダの半分はエアコンの室外機の排気のために地面の植木や花は育たない、それで我が家の農園は半畳農園と自分で揶揄している。

 その排気で使えない土地に2年ほど前に雑草の種(むかご)が天から降り降りて小さな金色で★形の花を一つ咲かせた。それが昨年にはその最悪の土地で繁殖して2回の冬に耐えて今年も見事に咲いてくれた。(これで3分咲程度)

 そこで名前を調べたら多肉の雑草で「コモチマンネングサ」とあった。そこで私も勝手に「イナリキンボシ」という名前に命名した。去年の夏はこの「イナリキンボシ」に遠慮してクーラーをギリギリ限界まで我慢していた。たしか…7月10日だと記憶している、さて、今年はいつまで我慢できるかは気温しだいになる。


★…画像はマンネングサ、3枚目の写真はエアコンの室外機からの温風に耐えても今年も綺麗に咲いてくれたマンネングサ。

 

 

 

国家の品格…カジノ法案に賛成している下品な奴ら・しかし、日本人の99%はカジノには無縁になります。こじつけコラム 3

 世界で180か国の国がカジノを認めているから我が日本も国際社会の一員として、また国際観光ニッポンとしてカジノがあるのが当然としている。またギャンブル依存症の対策として韓国と同じように生活保護者はカジノに入場できないから安心という意見もある。

 たしかに生活保護者がパチンコや競輪をしていることが問題だという論評もあるが、このカジノをパチンコや競輪のようなゲームセンター感覚で語ることこそが無知の見本になる。この生活保護者より安い賃金、または年金で暮らしている人、そして障害があり働けない人もかなり多くいる。つまり、これらを貧困者層とすればこの政府が計画しているカジノという博打場に入場できるのはかなり限られた人たちになる。

 そもそもIR統合型リゾートというのは国際会議場や高級ホテルとカジノできている。我々普通に働いている一般サラリーマンでも簡単に入れる場所でもない。ましてやこの国の労働者の約半分が低賃金の非正規労働者、さらにパートにアルバイトになるが、この人たちらは最低賃金に毛の生えたような時給800~900円で働き仮に月に200時間働いても16万円~18円にしかならない。そもそもこのカジノというのはこれらの貧困者層そのものを排除して儲けるというものになる。

 その貧困者層らがこのカジノは経済成長に役に立つから賛成とした上で「生活保護者が入れないようにすればいい」という意見をツイッターやブログで発信している。が、元々、カジノ経営者からすれば生活保護者もお前ら派遣などの低賃金者なんてものは客として期待もしていないし、むしろ邪魔になる。ターゲットは中国などの富裕層を当てにしている。そうなると日本人でこのカジノに入場できる上客とは大金持ちか人気タレント、それに政治家でしかない。いずれにしてもこのカジノ法案に賛成、または反対している我々日本人の99%以上は関係のないお話になる。

 その上で「ギャンブル依存症」になる人たちというのは中小企業の以上の経営者たちになるからこれは自業自得になる。しかし、中小企業だといっても社員が500名もの会社もあるからそのボンボン経営者がギャンブル依存症になって会社をつぶさないようにすための政策や法案は必要になります。

 このIR統合型リゾートというのは莫大な投資が必要になります。これを回収するためにはカジノで客から金を巻き上げなければすぐに倒産して立派な建物もすぐに廃墟になるでしょう。それにはパチンコや競輪程度の儲けでは追いつきません。この意味からいってもカジノをパチンコや競輪と同一視する考えは間違いになります。したがって我が国にはギャンブル依存症の人間が500万人以上いるからこのカジノ法案に反対という野党も的外れの国会質問になります。

 なぜなら現在の公営ギャンブル、民営のパチンコでなけなしの金を賭けているような貧困者層そのものがカジノへは入れませんからです。カジノに入って賭博ができない人間がどおしてカジノでのギャンブル依存症になるのかこれも不思議な話です。しかし、そんなことを公然と言えないから貧困者の代表として、また差別として「生活保護者」のカジノへの入場を制限しているのです。だからこのカジノは必要だとこれまたカジノ経営者からすれば同列の貧困者たちが応援してくれるのですからお笑いになります。

 つまり、日本人の99%の人たちが関係ないカジノを政府が認めようが我々にはまったく関係ないことになります。これは中国人、台湾人、それに香港の富裕層の人間の金を日本政府が巻き上げるという国家プロジェクトになりますから、我々カジノに関係がない人間は黙っていてもいいのです。この意味ではその金の一部でも回ってくれば日本は経済発展、活性化になるのなら自民党と維新のカジノ政策に賛成をしなければなりません。しかし、これは国家の品格を下げるものです。

 そもそも他の国の人を博打に誘ってその金を巻き上げるのがアベノミクスの経済成長という発想そのものが貧困になります。先に世界の180か国にカジノがあるから日本も必要というなら、世界には武器を個人で所有している人は数千万人もいる、だから日本も武器の所有を認めなければならない理屈になる。世界に原発が180基あるから絶対安全な原発を日本の導入して事故が起こった教訓もある。

 日本にあって世界にないものが日本の宝になりそれが観光資源というものです。日本の観光スポットの外人観光客の人気ナンバー1に3年連続日本一になっている伏見稲荷大社には国際会議場も高級ホテルもカジノもないが、100名の内99名が外国人になっています。

 この日本が品格を捨て江戸時代のやくざのように寺で博打場を開いて寺銭(テラセン)を稼ぐという下品な日本が嫌いな人はカジノ法案に反対、下品な金でも金は金という人たちはカジノ法案に賛成してください。(この記事は2016年12月10日の再掲載)

 

肉食系老人…高齢者は肉を食ってボケ防止・国内産で一番安い第3のビール、イオンビール・ケチ道14

 

ハートおかげさまで、この「伏見稲荷大社の物語」が大ヒット中で連日100ほどのアクセスで読まれています。さらに100話まで書く予定です。

 

…完全無料の大人気の電子書籍…ダウンロードしてゆっくり完読してください。

★…歴史コミック小説「伏見稲荷大社の物語」~84話のすべてが3分がで読めるお笑いの読み切りになっています。完読者2万人の大ヒット作になる。

http://p.booklog.jp/book/108339/read

 

★…長編小説「トラック3姉妹・ダンプ姉ちゃん理恵」…31話・運輸・建設の職場には賃金の男女差別はなく高賃金でもう男なんどに頼らなくても子育てできる運輸業界、建設業界を確立した理恵社長の物語。女性に大人気の小説になっています。
http://p.booklog.jp/book/103886/read

 

★…「働く女性たち 駆け込み寺居酒屋ポン吉」 1話2分で読める、51話まで書けている、少しHだが女性に大人気。目次機能がありますから好きなタイトルを探して読んでください。
http://p.booklog.jp/book/103226/read

 

★…中編小説「天使の恋~美幸…明美…真弓…梨香…美雪…早苗…香奈~7名の恋の物語」…すべて京都のタクシードライバーが主役になっている少しHな若い女性のドラマ、女性に大人気で静かなヒット作になっている。二つの書籍から
http://p.booklog.jp/book/18492/read

 

★…天使の恋~美雪、早苗、香奈…3人の恋の物語も大人気
http://p.booklog.jp/book/18492/read

 

総合案内 無料の電子書籍 小説、コラムが約300ほどあります。ここをお気に入りにしてゆっくりお読みください、またダウンロードも無料になっています。漫画、映画の原作に使ってください。

http://p.booklog.jp/users/sakur