独居老人のコラム・京都ラーメン物語…1話 「ラーメン横綱」…「たかばしのラーメン」・小説「麺なし、肉なしラーメンの秘密」

★…ラーメン横綱、吉祥院、本店

 昭和47年創業というから私が24歳のころだが、このころはラーメンといえば屋台が主流になる。景気がいい頃で働いていたら誰でも中古だが自家用車が買えた。その車で深夜のドライブ、そしてその〆にはラーメン屋台になる。

 私はこういうブログ記事ではたいがい辛口だが、このラーメン横綱だけは例外で誉めている。

 まず「安くて旨い」…650円(税込み)…ラーメン50円引き券、餃子無料券などもある。
そして「ネギ入れ放題」…中には信じられないほどネギを入れる人もいるが…
さらに「定員の接客サービスがいい」…接客教育がいいのか?時給がいいのか?

 こんなことは商売をしていれば当たり前だが、これがなかなかできない。商売をしている人で「儲からない、儲からないと嘆いている人」は、一度、ラーメン横綱の吉祥院本店をスパイしてはいかがでしょうか? きっと何かを感じます。たぶん

 

 

★…京料理といえば「薄味でアッサリ」で昆布や魚介類の出汁だが、この京ラーメンだけは魚介類の出汁はまったく使わず黒い醤油味が主流になります。

 

昭和35年前後の高度成長時代には街中の交差点近く、はたまた工場街や国道にはラーメンの屋台が数多くあった。当時の労働は過酷で深夜までの残業や徹夜労働は当たり前だったが、栄養状態はそれについていけず栄養失調の労働者も多かった。

 

そんな折、豚の脂が溶け込んだスープ、焼豚という肉、それに九条ネギ入れ放題は庶民の心をガッチリ掴んだ。京都のラーメンは肉体労働者の血と肉になり、そのパワーが戦後の京都を作ったのです。

 

★~小説…「麺抜き、肉なしラーメンの秘密」

 正月の朝は静かで走りやすいが客足は遅い。伏見稲荷から宇治まで空車で流していると、初老の男性が乗車された。
「運転手さん、たかばしのラーメンまでお願いします」

 たかばしのラーメンとは京都駅近くの線路を跨ぐ橋を北に渡ったところにある。宇治からだと3000円以上になるからラッキーと喜んでいると、
「運転手さん、朝からラーメンは食べられます?」
「はい、普通のラーメンならダメですが、あそこのなら~」
「それなら運転手さんも一緒に!そしてまた宇治まで送ってほしい」
「お客さん、わざわざ京都までラーメンを食べに!」
「そう、毎年正月にはこうして…」
 
 店は早朝から客が並んでいる。狭いテーブルに相席だが誰も不満は言わない。そのラーメンを食べて帰路につく車内ではラーメン談義が、
「私は昭和35年ごろ、青森からの出稼ぎで京都の新幹線工事の現場で働いていた。そのころは家がかなりの貧乏で給料のほとんどを仕送りしてきた。残った金で米を買い毎日の弁当は飯と梅干だけ。それでその弁当を持ってさっきのラーメン屋で、肉抜き麺抜きを注文する。つまりスープだけでそれに無料の九条ネギをいっぱい入れて弁当を食べていた。店主はそれでもいやな顔を見せずに歓迎してくれた」
「そうでしたか、私もあの店には青春の思い出がいっぱいあります」
「あのころは国民のすべてが夢と希望を持っていた。俺も今では宇治では中堅の建設会社を経営しているが、あのころの貧乏と人の情けを忘れないために、こうして正月には初詣代わりにラーメンを食べに来る」
「あの店は、グルメブームで雑誌に紹介されていますが、本当のファンは苦しかった時代と共に歩んできた店そのものに愛着があるのですね」
「そうだ、さっきもベンツを乗り付けてラーメンを食っていた奴は、俺と同じ飯場でスープしか注文を出来なかった奴だ!」
 
 B級グルメの代表のラーメンだが、このラーメンのスープのパワーで新幹線が走っていると思うとー。


★~ワーキングプアや派遣労働者の増加で国民の暮らしは格差社会に突入しました。たしかに生活は苦しいが、この小説にある昭和30年代の生活の苦しさは今の苦しさよりははるかに悲惨なものでした。しかし、働けば車も家も買える、結婚もできるという夢がありました。そしてそれが高度成長の起爆剤になり日本は一流の国の仲間入りをしました。
★~当時は残業なんてものは当たり前で、日曜出勤に徹夜なんてものも平気で働きやがて60歳になれば年金が入ると将来設計を立てていたが貰える少し前に法律を変えられて65歳になってしまいました。これは国民と国家との約束を反故されたのと同じになります。もちろん政府に対しての不満はこれだけではないが、若い人たちが国民年金を納めない、選挙にいかない、政治不信というのはこの約束をいとも簡単に反故することが一番の原因だと私は思っています。

 

ハートおかげさまで、この「伏見稲荷大社の物語」が大ヒット中で連日100ほどのアクセスで読まれています。さらに100話まで書く予定です。

 
 

ハート働く女性たち…黒人マネキン、キャサリンとベッキーの恋・駆け込み寺居酒屋ポン吉 50話

ハート働く女性たち…「幸せを呼ぶ紅白のつつじを探す女 さつき」 駆け込み寺居酒屋ポン吉 47話

ハート働く女性たち…「企業戦士のお局さま 雅子」 会社への復讐 駆け込み寺居酒屋ポン吉 46話

ハート働く女性たち 「パワーシャベルの女 重子」…しなやかな指先で重機は動く 45話

ハート働く女性たち…「京都タクシードライバー・さくら」 さくら個人タクシー 駆け込み寺居酒屋ポン吉 43話

ハート働く女性たち…「セリ畑の女 平時子」千年の池 駆け込み寺居酒屋ポン吉 42話

ハート働く女性たち…「黒猫ドライバーの女 通子」巨大宅急便会社に風穴をあける 駆け込み寺居酒屋ポン吉 38話

ハート働く女性たち 「壬生菜古漬けの女 華子」…純京漬物の古道駅 駆け込み寺居酒屋ポン吉」37話

ハート働く女性たち…「医療事務 詩織」…セクシーマッサージ 駆け込み寺居酒屋ポン吉」36話

ハート働く女性たち…「無毛の女 高校女教師 純子」 駆け込み寺居酒屋ポン吉 35話

ハート働く女性たち…「美容師の復讐 理子」…駆け込み寺「洋風居酒屋ポン吉 29話

ハート小説…「働く女性たち」…幸子の復讐 18話~「洋風居酒屋 ポン吉」駆け込み寺 音川伊奈利
ハート働く女性たち…「中流階級の落とし穴、離婚しても地獄・紀子」 17話
ドキドキ無料の電子書籍…「働く女性たち」~39話はここでも読めます。

ドキドキ音川伊奈利のツイッター

義理チョコお賽銭の勘定に京都銀行の行員10名が一週間もかかるという伏見稲荷大社・その1200年前のお賽銭のお話し 83話

義理チョコ神様は目に見えないからこそ神である。仏壇の位牌は元々朝廷の官位を証明するものであった。伏見稲荷大社の物語…82話

義理チョコ初詣客の警備にフォックス警備の狐が大活躍するも人間に化ける特訓は大変になる・伏見稲荷大社の物語…81話

義理チョコ堀川・堀川下水は新種の植物、野菜の宝庫だった。堀川牛蒡は鴨と合う・嵯峨天皇823年3月に生前引退決定 80話

義理チョコ平安時代のお菓子とは唐菓子で果物、木の実の乾燥した物…日本初の本格的お菓子は「かりん糖」…79話

流れ星「伏見稲荷大社の物語・嵯峨天皇と稲荷神社 85話…更新随時」

http://p.booklog.jp/book/108339/read

ドキドキ京聯、破産手続きへ、運転手・京聯タクシー倒産、160名解雇・(京聯自動車が破綻、8月29日)

http://ameblo.jp/inari24/entry-12009162662.html

義理チョコ新・京のいけず石・いけず石・古典のいけず石、背丈80センチ、駐禁ダメ押し、花壇風の上品な、・ど根性いけず石…

ドキドキ京のいけず石・物を道路に置いてはいけません・専守防衛の京のいけず石・先制攻撃の京のいけず石はダメ!?(シリーズの1)

http://ameblo.jp/inari24/entry-11934410359.html

ドキドキ「無料の電子書籍 長編小説「トラック3姉妹・ダンプ姉ちゃん理絵」…1部(31話) 1、2万人の完読者という大ヒット小説になります。

http://p.booklog.jp/book/103886/read