農地法の壁が厚い・・。いい意味でも悪い意味でも農地法は、農業振興に寄与していないのではないか?食料は人間にとって絶対欠かせないものだから、農地の確保は国にとっても、人類にとってもとても重要な政索であることは理解できます。しかしながら日本の現実はどうでしょうか?耕作放棄地がどんどん増えています。食料の自給率は伸びていません。いまや食料は輸入なしでは国は成り立ちません。エネルギーもしかりです。こんな時代に過去の政策の亡霊でもある「農地法」をそのままに放置しているとは、どうなんでしょうか?もっと身近な問題から未来をを想起し、変えていくものがたくさんあるような気がしてなりません。政治評論家みたいな勝手なこと言いましたが、農業は、農家は、どうすれば活路が見出せるのか?農地等の売買相談を通して考えさせられるのです。

 

●不動産に関するよろず相談お受けします。「業界33年!不動産バカのガンコおやじ」が担当。★アイナル不動産センター(TEL:0246-45-2344)(FAX0246452337 973-8402福島県いわき市内郷御厩(みまや)町四丁目1101

★アイナル不動産センター(ホームページ) http://inal-f.com

★いわき市不動産査定・売却相談センター  https://inaloyajituitel.amebaownd.com

★アイナル不動産センター(売買・賃貸の物件情報)  https://rabbynet.zennichi.or.jp/agency/15070240/

★アイナル不動産センター(at home売買・賃貸物件情報) https://www.athome.co.jp/ahsd/inal-f.html