imagine145 いいところと悪いところがあったら、いいところを見たい | フィギュアスケート応援(くまはともだち)

フィギュアスケート応援(くまはともだち)

氷上で華麗で過酷なスポーツ。
がんばるすべてのスケーターに敬意を✨⛸✨
羽生結弦選手の演技で涙がこぼれます。
情報発信目的ではなく思いを綴るブログです。
正しい情報を欲しい方は公式サイトなどでご確認ください

Imagineシリーズはフィギュアスケートとは関係なく、日常のことや思いを綴る記事となっています。お時間がありましたら、よかったらお付き合いください。

✨✨💫✨✨

今日は父の日ですね。

俵万智さんがこんな短歌を贈ってくれました。

 

俵万智さんのお父様は俵 好夫さん

仙台ですごされた物理学者でした。

発明として、サマリウムコバルト磁石

(高温に耐えることができる磁石)があり

電子レンジのネジとしても用いられ

私たちの暮らしを豊かにしてくれた方でした。

そして今年の2月13日に91歳で老衰のため

空へと旅立たれました。

 

大切なお父様がこの世にはいない

はじめての父の日、俵万智さんは

幸せだった光景を思い出されたのか

当たり前だった日常を歌にして

捧げてくれたように感じます。

 

そんな俵万智さんは東日本大震災まで仙台で過ごし

その後石垣島や宮崎へ移住したことで

パッシングされる時期もありました。

それでも人々の幸せを願うきもちは

ずっと持ち続けていらしたように感じます。

一部流用します

俵万智さん:

物事にいい面と悪い面があったなら、

いいところを詠みたい。

出会った人の

いいところと悪いところがあったら、

いいところを見たい。

そして日常を大事に歌う。

 

一部流用終わり

 

いいところだけを見たい。

日々を大切にしたい。

そんなことを純粋に思う父の日なのでした。