アルメニア合宿 | フィギュアスケート応援(くまはともだち)

フィギュアスケート応援(くまはともだち)

氷上で華麗で過酷な競技フィギュアスケート。
すべてのスケーターをリスペクトしています。
羽生結弦選手の演技で涙がこぼれます。
フィギュアスケートは素晴らしいですね✨
素人ブログですので間違いなども多いです
気付いたら訂正しています✨

ソチへの道
ソチ五輪代表が決定する前、2013年12月6日に発売された雑誌。現在は廃盤商品のため、一部ご紹介します。
この時はまだ挑戦者の羽生結弦選手。
グランプリファイナルでパトリック・チャンに勝つ前でした。ソチ代表候補の有力候補という扱いでした。
......................................................
この本の中で1番興味深いのは「アルメニア合宿」について紹介されていたことです。ご存知の方も多いと思いますが、たいへん過酷なリンクで浅田真央さんがソチ五輪代で調子を落としたのは、この合宿のせいだとも一部で言われています。強い恨みの根底にあるアルメニア合宿🇦🇲。
いったいなぜ?この場所を日本スケート連盟が選んだのか、その理由が記されていますので、本文をそのまま文字起こしします。
......................................................
文字書き起こし
アルメニア合宿
予定:場所エレバン、1月末〜2月中旬
日本スケート連盟はトリノ&バンクーバー五輪では同国内に日本専用リンクを借りたが、ソチ市内には適切なリンクがなく、隣国アルメニアの首都エレバンが選ばれた。現地事情やリンク環境を調べるため、9月にはエレバンで強化合宿を行い、鈴木明子、織田信成、町田樹、宮原知子が参加。
コーチとして招いたステファン・ランビエールに指導を受けた。この時点では氷を張ったばかりで、参加した4人とも氷が柔らかいと感じていた。しかし1月末までには、一般のリンクとして解放されるため踏み固められ、ちょうど良い堅さになる予定だ。またアルメニアスケート連盟によると、氷職人がロシア出身のため、ソチの本番会場の氷職人から情報を仕入れ、なるべく本場リンクに近い質に調整してくれるという。
9月の合宿の写真。ソース
FaOIでおなじみのアリさんが仲介されたようです

立地:エレバン→ソチ飛行機で1時間
合宿地がアルメニアの理由
・ソチと時差が無く、気候も同じソチから
 飛行機で1時間、直行便も毎日複数
・空港ーエレバン市街地リンクが車で数十分
・治安、衛生が良い
・リンク代が比較的安価
(日本スケート連盟談)
アルメニア合宿は自由参加のため
直接ソチ 入りも可能
そのため当初参加予定だった羽生結弦選手や町田選手は参加せず調整は各自で行いました。
合宿に参加したのは、浅田選手と鈴木選手の女子2人のみとなりました。
日本スケート連盟としては、ソチと同じ環境で集中して練習できるはずソースと、配慮したようですが、視察に訪れた9月とはちがい、2月はたいへんに過酷なリンクだったようです。
この合宿は選手にとってどのような影響を与えたのでしょうか。もし参加しなかったら…もしかして、ちがう未来もあったのかもしれません。
なんだか、いろいろ、いろいろと考えてしまいました😢(アワードで、アリさんの姿勢に対して、決定的な疑問を感じているからかもしれません。)
......................................................
そして本の中にこのような相関図が😳
エテリコーチがいない。不思議な気分です
ビックリしたのは(元夫婦
え!元夫婦??😳😳😳😳😳💦💦
初めて知りました。ビックリしてしまいました
いろいろなことがあるのですね🤭💦
今は幸せでありますように✨
......................................................
よかったらポチっとお願いします
励みになります✨

お写真などありがたくお借りしました✨
🦋CHIBIYUZUギャラリーはこちら→ソース