不動産バボー

テーマ:

破裂っぷりすごいですな^^;


そういえば近所の超高級賃貸マンションの「礼金ゼロキャンペーン」なるチラシがポストに入ってたw

末期的ですね。。。


たとえばJ-REIT、私募不動産ファンドの運営を手がけるパシフィックホールディングスを例にとると

7/25終値ベースでの時価総額は151億円。それに対してH20/5末現在の純資産合計金額は580億円w

PBR0.26ww


市場からは「実質債務超過なんじゃないの?」と見られているということなんでしょう。

H20/5中間末のBS資産サイドを見てみますと、2,430億円の販売用不動産勘定が

嫌でも目につくわけです。

昨今の不動産市況の噂を少しでも考えて評価損を織り込むとすれば・・・まぁそりゃそうだよね

という結論になるんでしょうね。。。


H20/5末時点の有利子負債残高が2,879億円。

資産サイドは評価損はあっても益はないでしょうから

販売用不動産が仮に簿価で処分できたとしてもまだ

借金すべて返すことの出来ない状況にあるわけで・・・


こんなファンダ見てしまうとどんなにチャート上どんなに割安に映っても手を出す気は

しませんが。。。

少なくとも株式は手出し無用。

いっぽうで不動産そのものは・・・虎視眈眈と狙ってるヤツは少なからずいそうですな。。。





AD