皆さんこんにちは!

 
早いもので、すっかり秋の季節ですね。
何やら明日の朝は今年一番の寒さとやらで
風邪ひかないようにご注意下さい🤧
 
本題ですが、都市部からアクセスも良好で、こんなええ所なのになぜか穴場扱いの日生町。ショボーン
 
それなら私が日生町の良い所を少しずつ、ご紹介していき、多くの方にこの場所を知ってもらいたい!
 
そんな事で勝手に日生町の観光大使として、写真で日生の街〜鴻島を定期的にご紹介し日生町を盛り上げていきたいと思っちょります。ゲラゲラ
 
それでは写真でご紹介していきます。
 
{1CF9B97E-8CE8-4EA4-9037-1DF96E24A4BB}
 
こちらは日生の図書館横の橋の上から撮った写真です。どうですか?まるで海外の港町ですね〜♪
日本とは思えない風景です。
奥には吊り橋も見えてます。
 
 
 
{066C8B7B-2D56-4715-BB71-8CFBBA0B6EB7}

向こうに見える山の頂上が後でご紹介する港が見える丘公園です。さりげなく山肌には『ひなせ』の文字が。京都の大文字焼きの様に燃えたら…
いいえ、燃えませんよ!ねー
 
 
{2522F3E2-7ABB-4C4F-B15D-EF9C039732E0}

日生駅、日生港周辺は無人の駐車場が色々ございます。ちなみに1日300円!当社の大阪事務所周辺は20分で300円!大阪市内も日生町を見習って貰いたいもんです。グラサン
 
 
{709C69AB-2294-4BEA-A843-83776EF4E6E0}

日生の駅横にある観光情報センター。
こちらの1階で食事もできます。
日生周辺は食べる所も多いので、これはこれで、次の機会にご紹介していきます!もぐもぐ
 
 
{C0ED63D0-7245-4F60-85EE-A04A227918D0}

こちらがJR日生駅です。
本数は少ないですが、駅の前が日生港で定期船乗り場も目の前!鴻島に行くのも楽チンです!
 
 
{F617072D-70FE-4854-8C54-AEE17801A3E7}
 
ちゃんとバスも走ってますよ〜♪
買い物などに利用すると便利です!
 
 
{030087F7-B5EE-412B-BB6B-26894BF926A2}
 
いつもお世話になっている大生汽船さんです。
船長さんもとても気さくな方で、ほんまええ人です!
海上タクシーは、まさに海のタクシー!
電話をすれば、すぐに迎えに来てくれるので
定期船に乗り遅れた時などにありがたいです!
 
 
{2EDB4B6E-EC76-4195-A608-24F9F05D4101}

日生港の様子です。小豆島行きのフェリーも1日5便この港から出るんですよね〜♪ちなみに本土から小豆島行きのフェリーは、ここ日生から乗るのが一番早いんですよ!
 
 
{E2E5A15E-7FE3-4726-8175-2D69900A46DE}

日生駅前の公園に与謝野鉄幹・晶子夫妻が、のどかな日生の海に舟を浮かべ詠まれた、晶子の「妻恋ひの 鹿海こゆる話聞き それかと見れば 沖の鶴島」の歌碑があり、詩情をさそいます。対岸の楯越山の木文字”ひなせ”は、春は赤や白の花で美しく浮かび上ります。『備前市の案内より引用』
 
 

続いて日生の絶景ポイントのご紹介です!
日生駅からも徒歩圏内の港の見える丘公園です!
山の頂上にありますが、車で頂上のすぐ手前まで行けるのがGOOD👍駐車場もありますよ!
 
 
 
{0A021AD6-2BEC-4451-9007-48CFF6726E6E}
 
 
{8FDDB48A-F7F3-4E9E-BD39-D1B99C418B19}
 
いかがでしょうか!牡蠣筏が並びとてもいい感じ。
実際見ると感動モノですよ!キラキラ
 
{11BB7DEE-9C17-4987-A113-CE663C82AB8A}
 
 
{0BBDBF1E-B01D-4C64-8C38-0B6F1B4D5137}
 
絶景を眼下に、幸せの鐘を鳴らす…
あなたは何を思いながら鐘を鳴らしますか?
私は…この絶景を見れた事への感謝ですかね〜♪真顔
 
{CA702AD0-8EB7-48F4-809B-6C012B0124E4}

若いカップルが、カギを掛けて恋愛祈願でしょうかね〜♪ 年配の方だったらすいません…滝汗
 
こんな時期も昔、私にもありましたよ…ちゅー
 
 
 
まだまだ続きますが、アメブロは写真が一度に15枚までの制限がある為、続きは次回に!
 
 
日生町、ええとこですよ!
 
 
では!パー


 

 
 
AD