能勢町宿野でリフォーム工事 6 | 田舎暮らしなら、キタノ株式会社

能勢町宿野でリフォーム工事 6

 

こんばんは、大工の西川です。

 

宿野の現場では、床下地の工事を進めています。

 

今回の工事では、リビングルームを広くするため、トイレを移設し、廊下部分と和室を一体化して、LDKとします。

 

したがって、高さが違う4か所の床を調整する必要があります。

 

 

まずは、レーザー墨出しを使って、各床部分の測定から・・・

 

 

和室部分は、畳敷きなので、フロアレベルはあまり出ていません。

 

 

各部分の根太を削ってつくったり、かまし物で高さを微調整したりしながら、下地の高さを揃えていきます。

 

 

和室をフロア張りにする場合、掃き出しのサッシや敷居との取り合い部分にも注意が必要です。

 

 

高さの調整が終われば、下地の合板を貼っていきます。

 

 

 

 

これで足元が良くなりました。

 

化粧フロアは最後に貼る予定です。

 

ではまた・・・・。