長谷寺現場リフォーム工事 11 | 田舎暮らしなら、キタノ株式会社

長谷寺現場リフォーム工事 11

こんにちは!湯中です。

 

大工の西川さんと長谷寺の現場に通い始めてはや1ヶ月が過ぎました。

 

以前の記事でお伝えした通り、本格的な大工工事も始まり始めました。

 

 

建物の半分は小屋をほとんど触らずに行くのですが、半分は逆に構造材を含めほとんど入替になります。

 

写真の母屋、束、梁もすべて構造材で建物の主要材料になります。

 

これらは材料入替に伴い高さが変わってくるので一つ一つ間違えないよう採寸をして墨付け(切る場所や穴をあける位置などを印す作業)をしています。

 

 

実際に寸法を記入した図面がこちらになります。

 

墨付けをする人が分かればいいので、人によって図面の書き方が違うんじゃないでしょうか?

 

墨付けをすると実際に建物が建つまで安心できません。

 

こればっかりはどれだけキャリアを積んでも慣れないですね( 一一)

 

余計な失敗をしないために油断せずこれからも頑張ります。

 

ではノシ