古民家の基礎を手作業で改修中! | 田舎暮らしなら、キタノ株式会社

古民家の基礎を手作業で改修中!

こんにちは岡です!

 

いつになったら真冬になるのかなぁ・・と思いながらも、いつのまにか1月も終わろうとしています。

 

私は寒いのはちょっと苦手でして、でもその分暑いのは割とガマンできます。

 

そんな私としては、最近の暖冬はとっても嬉しい限りです!

(地球温暖化とか・・いろいろ難しいことは無視して言ってますが)

 

ところで、本日の作業は「地面を掘る」でした。

古民家の基礎って、ないところが多いんですよねぇ

 

現在売り出し中の、能勢町天王物件 も一部基礎がないので、

その部分を今後の耐久性の事も考えて、基礎を新たに作ろうとしています。

 

そのための第一歩が「土を掘る」です。

基礎を埋めるための、深さ20㎝の溝です。

 

写真で見ると大した作業じゃない気がしませんか??

 

それが、それが・・なかなかの重労働なんですよ。。

 

このスコップを駆使して、手作業で頑張りました!

 

っていうのは、半分はウソで。

 

このイカツイ銃のような道具で、地面に穴をあけて、土を柔らかくしてから

さっきのスコップで土をかき出します。

 

こんな道具使ったら、楽にできそうに思われそうですが、

道具の重たさと、振動と、しゃがみながらスコップで土をかき出す作業の

トリプル攻撃で・・いい感じに本日も筋肉痛になれそうです(笑)

 

明日も、続きをがんばるぞ!!

 

では、また(岡)