モデルルーム新築工事_地盤調査 | 田舎暮らしなら、キタノ株式会社

モデルルーム新築工事_地盤調査

こんにちは岡です。

 

先日、新築モデルルームの工事現場にて、地盤調査をおこないました。

 

土地が10年以上前に開発された造成地という事もあり、今回は「表面波検査法」という名の調査方法を採用しました。

 

簡単に言うと、地面に意図的に振動を与え、その振動の伝わり方によって地盤の固さを測る方法です。

 

この方法は、5年以内にできたような新しい開発地や造成地には向かない方法ですが、今回の土地のように、昔からあるような地盤では、より明確な数値が期待できるという事でしたので、採用に至りました。

 

下の写真が振動を意図的に発生させる装置です。

写真ではわかりませんが、小刻みに機械本体が上下運動しています。

ちなみに機械のサイズは、高さ60㎝程度です。

 

そしてこれが、振動を受信する装置。

 

2つの機械は、5m程度離されて設置しています。

この感じで、何か所も場所を変えて測っていきます。

 

機械からのびたコードが、この車まで届いています。

 

車の中のパソコンとつながって、振動数を計測していました。

 

この機械があれば、自分でも計測できるかも??と思って、興味本位で機械の価格を聞いてみましたが、とても自分で買えるような金額ではありませんでした(笑)

 

そして、数日後・・・地盤調査の結果をいただき、「安全な地盤」というお墨付きをいただきました!

 

では、また(岡)