古民家リノベーション・工事前と工事後の写真 | 田舎暮らしなら、キタノ株式会社

古民家リノベーション・工事前と工事後の写真

こんにちは岡です。

 

現在販売中の奈良の物件 物件No3121  は弊社にてリノベーション工事をしました。

 

ここであらためて、工事前の写真と工事後の写真を比べてみたいと思います。

 

まずは工事前の写真。

ここは大きな物置のようになっていた場所。

薄暗く、決して気持ちの良い場所とは言えない部屋でした。

 

リノベーション後の同じ場所の写真がこちら

同じ場所には見えないかもしれませんが、まぎれもなく同じ部屋です!

2つに分かれていた部屋を1つのLDKにして、天井の板を解体し、広がりのあるLDKにしています。

 

次の1枚がこちら、LDKにする前のもう一方の部屋の写真です。

使い込まれたキッチン室でした。天井板が破壊されているのは、建物調査のために解体した後です。

 

こちらが工事後の写真。

正面の格子だけ前のままですね。

天井に見える丸太は、工事前は天井裏に隠れていた部分です。

 

前の写真で天井板が破壊されていたのは、この丸太を確認するためだったのです(笑)

 

次の写真がこちら

工事前というよりは工事中ですが・・

 

工事後の同じ角度から

一見すると何も工事していないように見えるかもしれませんが、上の写真を見ていただくとわかるように、床下地と床断熱を造りなおして、畳も新調しています。

 

最後に外観の写真をご紹介。

 

まずは工事前の1枚。

雰囲気は良いですが、手前の壁が閉鎖的で、建物の印象も暗くなっています。

 

工事中の写真。

手前の壁を撤去して庭を明るく、広く使えるように。

古いサッシも全部撤去しています。

 

こちらが工事後の写真。

サッシをアルミのペアガラスに交換して、痛んでいた木部もすべて交換。

玄関ドアも木製で新調しています。

 

外観も明るくすっきりした印象になったでしょ??

 

工事が終わってみると、もとから綺麗だったと勘違いされがちですが・・

じつは、いろいろと手を加えて生まれ変わっているんですよね。

 

では、また (岡)