これからは新築も古民家もスマートハウス? | 田舎暮らしなら、キタノ株式会社

これからは新築も古民家もスマートハウス?

こんにちは岡です。

 

本日は三菱電機さんが推奨するⅤ2Hシステムの見学に行ってきました。

 

V2Hシステムとは、太陽光発電や電気自動車などを利用して、光熱費を限りなくゼロにしつつ、万が一の停電の際にも、3日程度なら普通に生活できる家にするシステムです(かなりざっくりした説明ですが)

 

くわしいシステムの内容は、インターネットなどでも紹介されているので、ここでは省きますが、どんどん家も進化しているのだと、実感しました。

 

このシステムを使えば、光熱費をゼロにすることもそれほど難しくなさそうです。

 

設備投資にかかる費用は、まだ少し高めですが・・・そのあたりは企業努力でお求めやすい価格で提供できるよう、頑張りたいと思います。

 

上の画像は、HEMSという家じゅうの家電を管理するシステム。

それぞれの家電の使用状況なども細かく管理できます。

 

新築だけでなく、古民家にもこういった設備が当たり前になる世の中が、すぐそこまで来ているようです。

 

では、また(岡)