JAL290便で出雲から羽田へ。

羽田空港からは京急で移動します。何気に、空港線の加算運賃が撤廃されてから&駅名が変わってからは初乗車。

 

 

ほとんどIC専用改札になっていますね。まあ、それだけ全国にICカードが普及したということでしょう。

 

 

最近の私のお気に入り、小芝風花ちゃんがいっぱいいました。妙にテンションが上がる私。(笑)

 

 

 

地方在住者にとっては京急の行き先は初見殺しです。(特に品川方面。鉄道好きの私でさえ戸惑うのですから、一般の方はなおさらでしょう。)

 

印旛日本医大とか、印西牧の原とか青砥とかどこだよ・・・そもそもそこって京急じゃねぇじゃんか・・・と、心の声が漏れてしまいそうですが(笑)、「品川方面」を信じて印旛日本医大行きに乗りたいと思います。

 

余談ですが、「エアポート快特」と「快特」と「エアポート急行」があるのを最近知りました。

 

 

いつの間にやらホームドアが設置されていました。

私と同じ感想を持つ人が多いのか、ここにもモニターが設置されています。ちょっと情報量が大過ぎて見にくい気もしますが。

 

 

 

やってきたのは「財布落としても定期落とすな」と揶揄される高額運賃で有名な北総鉄道の7300系。そんなに編成数いないはずなので、割とレアな車両何ですかね?

 

※調べたら5編成ほどしかいないようです。京成車や都営車は乗車した記憶があるのですが、北総車はおそらく初めてです。

 

 

折り返しの電車の到着が遅れた関係で、2,3分程遅れて羽田空港第1・第2ターミナル駅を発車しました。

 

 

 

15分程で品川に到着。快特って早いですね~。大体エアポート急行に乗っているので、余計にそう感じたのかも。

 

停車駅が、

快特→第3ターミナル、蒲田

エアポート急行→空港線内各駅、蒲田、平和島、立会川、青物横丁

 

まあ、一目瞭然です。所要時間が6,7分違いますし、なにより蒲田~品川でノンストップ120㌔走行をしているので、余計に早く感じるのかもしれません。

 

 

品川からはJR線に乗り換え。ブランチ(?)を食べるため、特急に課金して目的地へと旅を続けます・・・。