にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学・思想情報へ

(続き)

戸松慶議会長は、福田閣下が入場されたのは意に介せず、結論!と一段と響き渡る凛々とした声で、これを解決する思想文化は、「自由と平等・競争と統制」を両立させ、「生産・分配・消費」のバランスを実現する政治経済の革命を断行する外ない!約言すれば私有制を原則とし、国家政府の管理下に全産業のバランスを計りその運営方法を変えるのである!!この問題に応える教書として、受付でお配りしている「人類思想の歴史と未来」及び「政治体制改造案」の冊子を交互に高く掲げ、踵を挙げて聴衆に薦めるのであった。不肖も同じく両冊子を両手で掲げて案内した。すると突然戸松会長は声を張り上げ「今、元内閣総理大臣福田赳夫閣下がお見えになりました。大きな拍手をお願い致します」と叫ばれた。そして「私の話より国家を背負って来られた福田閣下の方が、為になるお話を聞けると思いますのでバトンタッチ致します。」と云って深々と頭を下げてマイクを福田元総理の方へ両手で渡された」。そこで間髪入れず不肖は、「皆さん!元内閣総理大臣福田赳夫先生のお話を聞きたいですか?!」と咄嗟に声を挙げたら万雷の拍手を頂いた。と同時に福田閣下は演壇に立たれたのである。

(続く)