貸切バス適正化事業実施機関による巡回指導時の確認項目(巡回指導対策:その2)について | 行政書士稲井威夫の運送系免許取得・アフターフォローへの道

行政書士稲井威夫の運送系免許取得・アフターフォローへの道

実運送業(トラック・バス・ハイヤー)を始め利用運送事業、倉庫業など運送業に係わる許認可について、運行管理者の資格を有する行政書士の立場から免許取得及び免許取得後のアフターフォローに関する情報を適時ご提供するブログとなっています。

こんにちは、行政書士の稲井です。

 

先日、公益社団法人日本バス協会において実施している「貸切バス事業者安全性評価(セーフティバス)認定制度」に基づき、安全確保への取組状況が優良な貸切バス事業者について、貸切バス事業者安全性評価認定委員会にて平成29年度前期の認定が行われ、認定事業者数は、1,012から大幅に(413)増加し、1,425となりました。

 

これは、貸切バス事業更新許可申請の役員法令試験免除や貸切バス適正化事業実施機関による巡回指導対策の一環として、セーフティバス認定を受ける貸切バス事業者が増加傾向にある結果だと思われますが、安全に取り組む優良な貸切バス事業者が増えるのは、貸切バス業界にとっても良い動向だと思います。

 

さて、今回は、前回に引き続き、貸切バス適正化事業実施機関による巡回指導対策(その2)として、「巡回指導時の確認事項」を取り上げたいと思います。

 

<巡回指導時の確認項目>

 

1.事業計画等

①主たる事務所及び営業所の名称及び位置

②営業所に配属する事業用自動車の数

③自動車車庫の位置及び収容能力

④乗務員の休憩、睡眠施設の位置及び収容能力

⑤乗務員の休憩、睡眠施設の保守及び管理

⑥名義貸し及び事業の貸渡し等の有無

 

2.帳票等の整備・報告等

①事故の記録、保存

②自動車事故報告書の届出

③乗務員台帳の作成、保存

④車両台帳

⑤事業概況報告書、輸送実績報告書の提出

 

3.運行管理等

①運行管理規程

②運行管理者の選任、届出

③運行管理補助者の選任、届出

④運行管理者講習の受講

⑤運転者の選任

⑥運転者の勤務時間・乗務時間

⑦点呼の実施及び記録、保存

⑧点呼の際のアルコール検知器の使用

⑨乗務の記録、保存

⑩運行記録計による記録、保存

⑪運行指示書の作成、指示、携行、保存

⑫特定の運転者に対する適正診断

⑬特定の運転者に対する特別の指導

⑭運転者に対する指導監督の実施、記録、保存

⑮乗務員の服務規律

 

4.運送引受書及び営業区域・運賃

①運送引受書の作成、交付、保存

②営業区域外運送の有無

③届出運賃の適正な収受

 

5.車両管理等

①整備管理規程

②整備管理者の選任、届出

③整備管理者研修の受講

④日常点検

⑤定期点検整備及び点検整備記録簿

 

6.労働基準法等

①就業規則の制定、届出

②36協定の締結、届出

③所定の健康診断の受診、結果の記録・保存

 

7.保険加入及び社会保険加入等

①賠償責任保険等(対人:無制限、対物:200万円以上)の加入

②労災保険、雇用保険、健康保険及び厚生年金保険の加入

 

8.苦情処理

①苦情の取扱い

 

9.運輸安全マネジメント等

①安全管理規程の制定、届出

②安全統括管理者の選任、届出

③輸送の安全にかかわる情報の公表及び国への報告

 

10.その他

①営業所における掲示

②車体表示

③社内表示等

 

以上

 

なお、当事務所では、貸切バス事業の許認可手続に加えて、貸切バス事業者安全性評価(セーフティバス)認定申請及び巡回指導・行政監査対策のご支援も行っています。

 

そのため、平成30年度の貸切バス事業者安全性評価(セーフティバス)認定申請をご検討されている貸切バス事業者の方や、運輸局より適正化事業実施機関による巡回指導や行政監査の通知を受けて、何らかのご不安をお持ちの貸切バス事業の方は、下記の連絡先へお問い合わせください。

 

初回のご相談は、無料です(ただし、出張相談を除きます)


 

<連絡先>

稲井国際行政書士事務所

行政書士 稲井 威夫

東京都台東区三筋1-9-4 中央クレセントビル2F

TEL:03-6362-9195 携帯:070-2188-9605(直通)

MAIL:inaikokusai@gmail.com