現在は株式会社プライメックスキャピタルという社名ですが、もとは株式会社キャスコです。

 

このプライメックスキャピタル(旧キャスコ)の借金を滞納していると、債権を譲り受けて現在の債権者であるエムズホールディング株式会社(札幌市中央区)から請求を受けることがあります。

 

なお、エムズホールディングの代理人弁護士であるみずなら法律事務所から「法的措置予告通知」が届く場合もあります。

 

「~・・・先にお伝えしました通り法的措置へ移行せざるを得ない状況にあります・・・~」

 

「つきましては、法的手段による解決を回避し、これ以上の事態の悪化を防ぐためにも・・・本状到達後、5日以内に上記の連絡先までご連絡下さいますようお願い致します」

 

との記載があります。

 

しかし、長期間に渡って返済をしていない場合は安易に電話連絡をしないようにしてください。

 

といいますのも、長期間返済をおこなっていない借金は時効になるからです。

 

時効になる条件は最後の返済から5年以上経過していることです。

 

時効かどうかは【請求債権に関する表示】の「最終弁済期日」の日付で確認できます。

 

もし、ここの日付が5年以上前であれば時効の可能性があります。

 

ただし、5年以上前の日付だから時効になって支払い義務はないと決めつけ請求を放置していても請求は止まりません。

 

時効によって借金をなくすには、内容証明郵便などの書面で時効の通知を送らないといけません。

 

これを時効の援用といいます。

 

時効の援用をしないでいると、相手から裁判を起こされる可能性もあります。

 

もし、ご自分で時効の援用手続きをおこなう自信がない場合は、当事務所にお任せください。

 

遠方にお住いのために、当事務所にお越し頂くことができない場合は内容証明作成サービスで対応いたします。

 

5年以上返済をしていなくて、直近10年以内に相手から裁判を起こされたことがない場合は、当事務所が作成する内容証明郵便による時効の援用によって借金がすべてなくなります。

 

まずはお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

お問い合わせ・ご予約】

 

 

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加