おはようございます。

 

月曜日、今日から1週間が始まりますね。

今週やりたいことは明確になっていますか。

 

会社で仕事をしていると、メールや電話、上司や同僚からの依頼など、予定外の仕事が入ることが多くあります。

こうした状況では、自分のやりたい仕事がついつい後回しにされてしまい、あっという間に過ぎる1日の終わりに振り返った時に、今日1日で自分は何を終えたんだろう、と途方に暮れるようなことがあります。

 

そこで、私が使っている「ManicTime」というツールを紹介します。

 

(画像はVectorから借りました)

 

 ManicTime 公式ページ

 https://www.manictime.com
 

 Vector ソフトウェアレビュー

 https://www.vector.co.jp/magazine/softnews/150514/n1505141.html

 

 

PCにインストールしておくと、PCでの作業時間やweb履歴、アプリケーション操作履歴などが自動で記録されていきます。

この結果により自分の仕事内容を時間配分とともに見直すことができるため、生産性向上のためのツールとして役立てることができます。

 

PC操作のうち、次のような情報が記録されます。

・起動と終了時刻

・1日の各アプリケーション合計時間

・時刻順のアプリケーション/ファイルの使用履歴

・Web閲覧先履歴

 

私は次のような使い方をしています。

・時間配分の確認による働き方の見直し

・アプリケーション/ファイル使用履歴によるファイルアクセス

 (あのファイルはなんだっけ… のとき)

・Web閲覧先履歴によるWebページアクセス

 (あのサイトはどこだっけ… のとき)

 

WindowsとMacの両方に対応、個人で使用する場合には無償です。

公式ページは英語ですが、ツールは日本語されています。

通常は記録されたログを参照するだけなので、操作は使えばすぐにわかると思います。

 

 

自分の作業効率を上げたいという人は多いと思います。

しかし、測れないものが改善できないのは、業務改善でもダイエットでも同じです。

このようなツールは現状を改善するための手法として有効です。

(なお、私はダイエットにも一家言ありますが、それはまた別の機会に… …。)

 

それでは良い一週間をお過ごしください。

 

AD