極寒の地にて地下350メートル

テーマ:
プロペラ機で札幌から1時間。着いたのは稚内。
日本最北端の地で取材したのは、核燃料廃棄物の地下研究所。
宇宙に飛ばしてもダメ、海に捨てるのもダメ、各国がそれぞれ管理できる地下が一番良いそうです。
地下350メートルの地層は花崗岩。工事用のエレベーターで約6分。何重もの人工バリアと、天然の地下バリアを作って実験中。
{1C0DF6F0-DEC2-4F3C-89E3-17A66C642AD6}

{91FEB343-C2CF-4F2C-904A-D2D8CF546CD6}

{10F6AFA2-34DC-49C8-B9F1-01A377D00C93}

{A15ABBE8-ED97-4978-967B-58C71411EB45}

{718B592E-D6D0-442B-937A-8BA017A8E2CE}