● 先を見据えた産後ケア

 

こんにちは、中村亜紀子です。

 

 

産後で気になることの一つが体型ではないでしょうか ?  

 

 

妊娠前の体形に早く戻そうと固いコルセットやガードルを付けられている方も多くいらっしゃるよう。

 

今日は、昨日 (骨盤臓器脱の原因のひとつである便秘の原因と対策)に続き産後ケア。

 

 

 

コルセットやガードルに安易に手を出す前に以下の記事をご参考くださいね。

 

 

丸 産後ガードルは、ほかの産後リフォームインナーに比べて「締め付け力」が強いものです。しかし、締め付け力が強ければ「はやく骨盤周りの筋肉がつきやすくなる」「お腹周りが引き締まって痩せられる」ということではありません。締め付けが強すぎると、筋肉は「筋肉を使っている錯覚」を起こします。(→ つづき 赤ちゃんの部屋 / ゼネラルリンク )

 

 

丸 骨盤ベルトやガードルを着用すると、たしかに骨盤は締まりますし、歩きやすくなったり、体勢も安定します。ただ、あくまでもこれらの道具は“サポートするためのもの”として使いましょう。「頼りすぎると、自分自身の筋肉が育ちませんし、ベルトをはずした途端にダランと下っ腹がゆるんでしまうなんてことも……。ベルトやガードルが手放せない体になってしまいます」(→ つづき 美的.com / 小学館 )

 

 

丸 早く妊娠前の体形に戻そうとして、下腹部を締め付けるガードルを着用したり、腹筋運動を行うことは、骨盤底筋の回復の妨げになります。産後は骨盤底筋の養生が大切です。(骨盤底筋体操で快適な生活を!/ あすか製薬株式会社 ※リーフレット より)

 

 

正しい知識を身につけて自分の健康は自分で守りましょう!

 

 

 

今日も貴方の一日により多くの楽しい時間・笑顔の時間 がもたらされますように。

 

ラベンダー

 

開催 9日前 のご案内

 

2018年12月16日(日)18時〜 東京都水道橋 全水道会館(東京ドーム前)「人生100年時代の生活習慣セミナー」で登壇させて頂くことになりました。当日は「病気から教わる真実」というテーマで 女性なら誰でも知っておくべき「しもの病気(骨盤臓器脱)・原因・対策」について、下着デザイナー視点からお話しします。普段SNSではお伝えできない常識外れの「美と健康の秘訣」もお楽しみに。(※売り込み・勧誘は一切ございません。ご興味をお持ちの方は安心してご来場くださいませ。)

 

※詳細はfacebookから → こちら

※facebookアカウントをお持ちでない方  → こちら

※セミナーに関するお問い合わせ → info@medistyle.co.jp

 

ラベンダー

 

株式会社インナーデザインは、2018年7月1日にオリジナルブランド メディスタイル®より骨盤臓器脱・尿もれ・頻尿でお困りの方に役立つ下着「重ねてキュッとサポート」を発表いたしました。

 

商品の詳細は、メディスタイル® ホームページ よりご覧いただけます。( ※スマホの方は こちら )

 

 

●メディスタイル®重ねてキュッとサポートをご使用の方へ : 是非ご感想をお寄せください。→ ※ご感想の送り方を詳しく解説しています

 

●商品のお取り扱いにご興味をお持ちの医療機関の方、サロンやショップ経営の方はお気軽にご相談くださいませ。ご連絡は お問い合わせフォーム よりお願い申し上げます。

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 70代以上の健康へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

女性の隠れた身体のお悩みをサポートする メディスタイル®
メディスタイル®ホームページ
お客様のお声
商品のご紹介
よくあるご質問
お問い合わせ    

女性泌尿器科専門医 野村昌良先生監修 メディスタイル® は、骨盤臓器脱 (膀胱瘤・子宮脱・小腸瘤・直腸瘤)・過活動膀胱 (頻尿)・尿もれ (尿失禁) に役立つ下着を開発しております。

 

骨盤臓器脱とは ?  骨盤内の臓器は骨盤底筋という筋肉で支えられています。この筋肉は出産により大きく引き伸ばされますが、徐々に回復。しかし中高年になりこの筋肉が緩み、子宮や膀胱の一部が膣からはみ出てくる場合があります。この症状が骨盤臓器脱。→ さらにくわしく

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存