● 妊娠も出産もしていないのですが・・

 

こんにちは、中村亜紀子です。

 

 

骨盤臓器脱(→くわしく)は経産婦(→コトバンク)の約50%が罹るとも言われています。妊娠により重くなった子宮を支えたり、赤ちゃんが膣を通るため、骨盤底筋に大きな負担がかかるためです。

 

骨盤臓器脱に似た症状があるけれど、

 

「妊娠も出産もしていないしどういうことかしら ? 」

 

と思っていらっしゃる方はいませんか ?

 

骨盤臓器脱の原因は、出産以外に重労働、加齢(特に閉経後)、肥満、便秘、喫煙、

 

 

 

 

骨盤底手術、膠原病、遺伝などがあります。(→東邦大学 HPよりまた運動量が少ない方もご注意ください。

 

  • 重労働を避ける
  • (加齢により自然と低下する筋力を補うために)運動を行う。
  • 暴飲暴食を行わない : 心のありかた
  • 便秘対策 : 食生活の見直し
  • 禁煙

 

以上の事を心掛けるだけで骨盤臓器脱や尿もれのリスクを大分軽減できます。しかもこれらは健康に生きていく上で誰もが心がけるべき事。

 

骨盤臓器脱対策は特別な事ではありません。

 

 

ラベンダー

 

メディスタイル®は「人に言い出せないデリケートなお悩み」の助けになりたいと考えています。

 

 

今日も貴方の一日により多くの楽しい時間・笑顔の時間 がもたらされますように。

 

ラベンダー

 

株式会社インナーデザインは、2018年7月1日にオリジナルブランド メディスタイル®より骨盤臓器脱・尿もれ・頻尿でお困りの方に役立つ下着「重ねてキュッとサポート」を発表いたしました。

 

商品の詳細は、メディスタイル® ホームページ よりご覧いただけます。( ※スマホの方は こちら )

 

 

ご興味をお持ちの医療機関の方、サロンやショップ経営の方はお気軽にご相談くださいませ。ご連絡は お問い合わせフォーム よりお願い申し上げます。

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 70代以上の健康へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

女性の隠れた身体のお悩みをサポートする メディスタイル®
メディスタイル®ホームページ
お客様のお声
商品のご紹介
よくあるご質問
お問い合わせ    

女性泌尿器科専門医 野村昌良先生監修 メディスタイル® は、骨盤臓器脱 (膀胱瘤・子宮脱・小腸瘤・直腸瘤)・過活動膀胱 (頻尿)・尿もれ (尿失禁) に役立つ下着を開発しております。

 

骨盤臓器脱とは ?  骨盤内の臓器は骨盤底筋という筋肉で支えられています。この筋肉は出産により大きく引き伸ばされますが、徐々に回復。しかし中高年になりこの筋肉が緩み、子宮や膀胱の一部が膣からはみ出てくる場合があります。この症状が骨盤臓器脱。→ さらにくわしく

保存保存

保存保存

保存保存