● 尿もれ対策ウォーキング法

 

こんにちは、中村亜紀子です。

 

前回の記事 (尿もれ対策ウォーキング法②)の続きです。

 

 

誰でも起こり得る尿もれ。特に女性に多い腹圧性失禁 ( → くわしく )は、運動した時など腹部に力みが加わることで尿もれしてしまう症状。

 

これで身体を動かすことにためらいを持ってしまうと筋肉が弱り悪循環に。このような方には、腹圧がかかりにくいウォーキングがおすすめです。

 

しかし、ただいつものように歩くだけでは高い効果は得られません。

 

身体機能が高まるウォーキングをするにはいくつかの条件があります。先ずは自分の足に合った正しいサイズ(→くわしく)であり、足に良い構造のシューズを手に入れること。

 

今日は足に良い構造のシューズの特徴をお伝えします。

 

 

 

チェック 素材  柔軟性・復元性・適度な固さ(サポート力)、通気性を備えた素材を用途に合わせて選びましょう。

 

チェック ヒール 十分な面積と安定感が必要です。高さは3cm程度が理想。不安定になる靴はハイヒール・ピンヒール。

 

チェック アーチサポート 土踏まずを持ち上げるアーチサポートがしっかりあること。位置やラインが合わない場合は足底調整を必ず行います。

 

チェック かかと 着地した時に全身を支える重要な箇所。しっかりとしたサポートがあることは高級靴の条件です。かかとのないサンダルは足を痛める原因の一つとなります。

 

 

自分の足に良い構造のシューズの特徴を知ることは、正しいフォームで歩くための基本。毎日歩きながら尿もれ対策を行う第一歩です。

 

 

足に良い構造のシューズの特徴はまだまだあります。

 

次回は後編をお伝えします。→ 尿もれ対策ウォーキング法④

 

○*関連記事 → ながら対策

 

ながら対策記事では、何かをしながら尿もれ対策になるヒントを綴っています。忙しい毎日。骨盤底筋体操など出来れば良いですが、日常の動きや選択が尿もれ対策につながれば簡単。尿もれ対策 = 美容 になることばかりです。是非ご参考ください。

 

 

ラベンダー

 

メディスタイル®は「人に言い出せないデリケートなお悩み」の助けになりたいと考えています。

 

 

今日も貴方の一日により多くの楽しい時間・笑顔の時間 がもたらされますように。

 

ラベンダー

 

株式会社インナーデザインは、2018年7月1日にオリジナルブランド メディスタイル®より骨盤臓器脱・尿もれ・頻尿でお困りの方に役立つ下着「重ねてキュッとサポート」を発表いたしました。

 

商品の詳細は、メディスタイル® ホームページ よりご覧いただけます。( ※スマホの方は こちら )

 

 

ご興味をお持ちの医療機関の方、サロンやショップ経営の方はお気軽にご相談くださいませ。ご連絡は お問い合わせフォーム よりお願い申し上げます。

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 70代以上の健康へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

女性の隠れたお身体お悩みをサポートする メディスタイル®
メディスタイル®ホームページ
商品のご紹介
よくあるご質問
お問い合わせ    

女性泌尿器科 専門医 野村昌良先生監修 メディスタイル® は、骨盤臓器脱 (膀胱瘤・子宮脱・小腸瘤・直腸瘤)・過活動膀胱・頻尿・尿もれ・尿失禁に役立つ下着を開発しております。