● 尿もれ対策ウォーキング法 ②

 

こんにちは、中村亜紀子です。

 

前回の記事 (尿もれ対策ウォーキング法①)の続きです。

 

 

骨盤内の臓器は骨盤底筋という筋肉で支えられています。

 

正しいフォームで歩けていれば、身体機能が活性化されるため、骨盤臓器脱・尿もれのリスクが下がります。それだけでなく、見た目の美しさ (美しいプロポーションの形成・美しいと思われる歩き方)を得ることもできます。

 

では具体的に正しいフォームで歩くにはどうすれば良いか ?

 

先ずは自分の足に合った正しいサイズであり、足に良い構造のシューズを手に入れること。メーカーや靴のデザインによって履くサイズが異なるというのは間違い。

 

靴の幅が狭いから少し大き目を選んでいるという方は結果的に足を痛めます。タコや魚の目が出来たり、外反母趾・内反小趾・・が出来るなど。傷んだ足では正しいフォームで歩くことはできません。

 

正しいサイズの靴は、足長と足囲(ウィズ)があなたの足に適した靴。例えば足の縦の長さが24cmで足の横幅(親指の付け根から小指の付け根までぐるりと一周がウィズ)が234mmなら靴のサイズは24cmEです。

 

 

スニーカーにも幅がありますのでご注意ください。

 

 

表示がない場合はメーカーに問い合わせてみるのも良いですね。

 

自分の足の正しいサイズを知ることは、正しいフォームで歩くための基本。毎日歩きながら尿もれ対策を行う第一歩です。

 

 

次回は尿もれ対策ウォーキングを行うため次のステップをお伝えいたします。→ 尿もれ対策ウォーキング法③

 

ラベンダー

 

メディスタイル®は「人に言い出せないデリケートなお悩み」の助けになりたいと考えています。

 

 

今日も貴方の一日により多くの楽しい時間・笑顔の時間 がもたらされますように。

 

ラベンダー

 

株式会社インナーデザインは、2018年7月1日にオリジナルブランド メディスタイル®より骨盤臓器脱・尿もれ・頻尿でお困りの方に役立つ下着「重ねてキュッとサポート」を発表いたしました。

 

商品の詳細は、メディスタイル® ホームページ よりご覧いただけます。( ※スマホの方は こちら )

 

 

ご興味をお持ちの医療機関の方、サロンやショップ経営の方はお気軽にご相談くださいませ。ご連絡は お問い合わせフォーム よりお願い申し上げます。

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 70代以上の健康へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

女性の隠れたお身体お悩みをサポートする メディスタイル®
メディスタイル®ホームページ
商品のご紹介
よくあるご質問
お問い合わせ    

女性泌尿器科 専門医 野村昌良先生監修 メディスタイル® は、骨盤臓器脱 (膀胱瘤・子宮脱・小腸瘤・直腸瘤)・過活動膀胱・頻尿・尿もれ・尿失禁に役立つ下着を開発しております。