CNN「ハリス大使を日系と批判するのは人種差別」 | 放浪者Yのブログ

放浪者Yのブログ

ダメな男の誰も知らない二つ目の人格

CNN「ハリス大使を日系と批判するのは人種差別」
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
2020.01.19 11:57


この記事まともな記事かと思ったら・・・
CNNって酷いなぁって思ったよ。


最近ハリス駐韓米国大使の発言をめぐる議論が起きたことを受け、CNNがハリス大使が日系のため韓国で批判の対象になった側面があるという内容の記事を掲載した。

CNNは17日、「人種主義、歴史、政治:なぜ韓国人は米国大使の口ひげに怒るのか」という見出しの記事で、「韓国でハリス大使が日本人の母から生まれた点を問題にする世論もある」と伝えた。

ハリス大使は日本人の母と在日米軍の父の間に生まれた日系米国人だ。日本で生まれて米海軍士官学校を卒業し、アジア系米国人で初めての海軍大将出身だ。海軍太平洋司令官として在職し2018年7月に駐韓大使として赴任した。

CNNは「ハリス大使は日本人ではなくて米国市民であり、彼を日系であることを理由に非難すれば米国ではほぼ人種差別とみなされる」と批判した。


その上で「韓国は人種的多様性がない均質的な社会だ。異なる人種からなる家庭はまれで、外国人嫌いの感情は驚くほど普通に残っている」と伝えた。

ここまではCNNは正しく報道していると思う。
問題はここからだ。


CNNはまた、ハリス大使の口ひげが議論として浮上した事実も取り上げた。韓国の複合的な状況が反映された議論という事実も指摘した。A級戦犯東条英機ら日本の指導者の何人かが口ひげを生やしており、日本の支配下で多くの韓国人が残忍に殺害されたことは依然として生きている記憶であり、南北両方で反日問題が非常に感情的な主題として残っているということだ。

これは酷いねぇ。

”A級戦犯東条英機ら日本の指導者の何人かが口ひげを生やしており”ってなんだよ。いわゆる東京裁判で勝手に平和に対する罪なるものを作って遡及法(事後法)で裁いたことを棚に上げて報道し、口ひげに言及するなんておかしい。
そして、”日本の支配下で多くの韓国人が残忍に殺害された”って事実無根の話をあたかも事実のように報道してる。
これは・・・大問題だよ。
政府はCNNにクレームを入れて記事を直してもらうようにしてほしい。


トランプ政権の防衛費分担金400%引き上げ要求で数十年続く韓米同盟に亀裂ができた状況も問題だとCNNは指摘した。

これは、米韓の問題。

CNNは「ハリス氏の口ひげは大使自身を越えた話へと発展している。日帝強占期に対する韓国人の感情、人種差別、防衛費交渉要求渦中に韓米間数十年続いた同盟の未来に亀裂が現れている」と分析した。

韓国民は嘘の歴史を叩き込まれて、真実の歴史を知ってもそれを口に出せないのかもしれないけど・・・
”日帝強占期に対する韓国人の感情、人種差別、防衛費交渉要求”ってぐちゃぐちゃじゃないか!CNN!
”日帝強占期”って初めて聞いたぞ。日本統治時代って書けよ!
”防衛費交渉要求”は米韓の話だろう?同列に書くなよ!


一方、ハリス大使は文在寅(ムン・ジェイン)大統領が14日の新年会見で対北朝鮮個別観光など南北協力推進構想を言及した後、「南北協力事業を推進する際には米国とまず協議すべき」と発言し外交欠礼論議を呼んだ。

外交欠礼なのかどうか?韓米同盟は対北挑戦のためだよね。
どんな同盟か詳しく知らないけど、敵対する北朝鮮政策に関しては米国の協議が必要ってのは解る気がする。

CNNのオリジナル記事は読んでいないけど、この中央日報の引用を正しいとすると・・・
CNNに訂正要求すべき案件だと思うよ。